2011年12月 のアーカイブ

吉右衛門の営業日誌、2011年最終回 三島湖の巻。


2011年12月28日。

今日は御用納めの日だと言うのに、営業に出掛ける。

嬉しい事に今夏の企画商品、「へら鮒釣りのポイント看板」に

注文が舞い込み、打合せに出向くのだ。

いつもなら隣に座らせている助手兼デザイナーは、

打合せの先が房州のダム湖で、時間も早朝である事から

同行は難儀と判断し、久々の単独行と相成った。


午前6時半、

愛車のベガを発進させると、どう言う風の吹き回しか、

女房が自宅の外まで見送りに出てきてくれた。

どうしたものか・・・?。

ルームミラーに映る姿が随分と小さく成っても家に入らなのは、

未だ病み上がりのオレの事が、心配事なのかもしれない。


そんな彼女の不安はさておいて、

本人は勇躍して穴川ICから館山道に突入。

ヒタヒタと房総半島を南下して三島湖、渡辺釣舟店さんへと向かう。

こんな調子で書いていると釣行記と錯覚しそうだが、

決定的に違うのは目的が釣りではなく、営業打合せである事。

と言っても今のオレには営業も釣りも大して変わりはしないが・・・。


午前9時、

現場到着と同時に、打ち合わせが始まる。

お相手は注文主である店主さん、関東へら鮒釣研究会のKさん、

そして今回ご紹介の労を取ってくださった房州の大名人のYさん。

何れもこの世界では名の通った方々で、

普段なら萎縮して口も利けないのだが、蛮勇を奮って話を進める。

最初は価格とサイズの関係を説明し、全体のレイアウトを構築。

次に肝心の地図の表記方法を微に入り細に入り質疑し、

他に希望される記載事項を窺って、和やかムードで打合せは終了。

あとは雑談となり、

オレもへら師の端くれとして、看板の寄贈を申し出て、一件落着。

初回の打合せとしては、上手く事を運べた。


午後13時、

帰路での事。

この企画を練っていた頃は、夢見てニヤケていたが、

撒いた散らしが無反応であってからは、

絵空ごとであったかのように思った。

それだけに夢が実現出来た事が、嬉しくたまらないので、

ひとり密かに祝杯をあげ、ルンルン気分で山を下る。


お仕舞い。


2011年12月28日、初めて看板が売れた日。

吉右衛門。


付記、

吉右衛門の営業日誌をお読み頂いている方々へ。

いつも、営業日誌をお読みありがとうございます。

そして、

毎回の駄文、長文をお許しください。

これにて、本年の営業は終了です。

最初は売れなくてのたうち回りましが、

最後は何とか格好をつける事が出来ました。

また、来年は今年以上に頑張るつもりです。

応援してください。

そして、よい年をお迎えください。


最後に、今回の写真を掲載します。

上から、

三島湖渡辺釣舟店さんの桟橋、

東京湾アクアライン海ほたる。

同上を魚眼、です。






































来年もよろしくお願いします。

今年も終りです。


三月に入社して、気付いたらもう十ヶ月経っていました…あっという間です。

色々と初めてのことが多かったのですが

優しく指導して頂いたので、

楽しくあっという間に時が過ぎて行きました。


地震だったり色々不幸なこともある世の中ですが、

私にとっては良い年でした。



自分の部屋の掃除をした時に 

いいにおいのするキレイな色の石けんを買いました。

来年もカラフルで楽しい年になると良いな〜


皆様良いお年を。










まだ振り返れていない・・・

今日で今年も仕事納めになりました。


今年1年は、衝撃的な事が続きまして

振り返ろうとすると頭がパンクしそうになりますので

あと3日間で、来年の抱負を考えなくては。。


それはそうと、お待ちかねの冬休み☆

今年は、初の島根県突入を試みます!

雪がすごいようなので、電車が止まらない事を祈りつつ・・・


出雲大社で、お祈りしてこようと思っています。

(縁結びの神様がいらっしゃるらしいです 笑)


ではでは、今年も関係者のみなさま社内のみなさま

本当にありがとうございました。


どうぞ来年も宜しくお願い致します :-D



スナップショット


年の瀬のお忙しいなか、

ラピス・ラズリのスタッフブログに遊びに来てくださって、

有り難うございまーす!


今年最後のスナップショット更新です。

今回は、2011「ラピス・ラズリ忘年会@根津はん亭」の巻。


休憩がてら、是非覗いて行って下さいませ。


http://www.lapis-lazuli.co.jp/……staff.html


ブログはまだまだ続きます!(たぶん・・)


吉右衛門の営業日誌、師走の中央フリーウエイの巻、後篇。


薮から棒だが、

今年の一月に寿退職された、う太郎さんが新婚旅行から戻られた、

との目出度い報告が、スミレからあった。

これは朗報。

実は彼女からは7月下旬頃に、挙式の日取りが決まった旨の連絡が有り

以来ズッと消息が断たれていて、何かと気を揉んでいたが、

予定通りゴールインされたとようだ。

彼女はとても結婚への憧憬が強かったから今、とても幸せだと思う。

そして何よりも彼女は優しくて明るいから、

きっと素敵なご家庭を築かれるだろう。

時節柄大した事は出来ないが、

落着かれた頃にでも、田沼美冬と江ノ島のペンキ屋も出席させて、

細やかな祝いの宴でも張ろうと思う。

う太郎さま。

改めて、お目出度う御座います。


2011年12月22日、

さて、今日のテーマは納品営業。

今回注文を頂けた方は以前、この営業日誌の「初めてのお使い」で書いた、スミレが営業して獲得したご担当者。

彼女の拙い営業にお応え頂いてデザイン、散らし、パネルをお買い上げくださった。それだけに、ご期待に添うべく慎重に制作したつもりではあったが、矢張り緊張する。

中央フリーウエイを走行しての道中も、スミレは殆ど無言でどこか虚ろ。彼女も入社3年目、それだけに責任と自覚が芽生えたのだろう。

そんなスミレを気遣っていると、到着。

ご担当者に受注の御礼を言って納品と検品にも立ち会ったのだが、

何事も無く終了して、ホッ!。

そしてお褒めの言葉も頂戴し、一件落着。

ご利用いただきまして、ありがとうございました、謝謝。

丁重に御礼を申し上げ、辞去。


スミレの顔に生気が戻った。

緊張が解れるとこうも変わるものか。

職場への帰路、スミレが口を開く。

ス「昨日言ったプレゼント、欲しいですか……?」

吉「別に、いい仕事してもらったから、何もいらねえよ」

ス「無理しちゃって・・・欲しいんでしょ!」

オレも60年近く生きてきたが、これほど躁鬱の差がある奴も珍しい。

ス「実は、先週の金曜日、友人と三軒茶屋のカラオケに行って、練習をしてきたんですよ」

吉「・・・・・・」

ス「涙そうそう、知ってます?。演歌じゃないですよ」

吉「森山良子だろ」

ス「私のは夏川りみだけど、聴いてください」

頼みもしないのに、強引に歌いだした。



高音のサビを丁寧に歌う彼女の歌声に、

ゴクリと生唾を飲んで、聞き惚れてしまった。


吉「オマエ、上手いな」

ス「それほどでも・・・、あはは」

吉「もう一回、歌ってくれよ」

ス「では、今度は沖縄バ−ジョンで」


何を歌っているのか、歌詞はよく分からないが、

この歌を聴いていると、今年一年が頭の中を駆け巡る。


1月、長年オレを支えた、う太郎が嫁に行くので職場を去った。

2月、ピーナッツが過労で倒れ、大雪の日、茅ヶ崎へと見舞いに向かった。

3月、震災の夜、娘たち3人を送っていったのと、激写の登場。

4月、職場から仕事を消えて不安な最中、ひこうき雲を迎えに行った。

7月、秩父へ登ったのと、鶴女が抜けた。

8月、媒体営業を試みたのと、ピーナッツと再開。

9月、ベーベとの出会いと、人身事故。

10月、入院。

11月、営業の成果が出てきた。


こうして目を瞑って回想してみても、可成り刺激的な一年であった。


吉「どうも、ありがとう。お陰で、いろいろ思い出せちゃったよ」

ス「楽しかったですか……?」

吉「うん。それにしても、よく方言を知ってたな」

ス「いやいや、吉ちゃんバカだから気付かないと思って、分からない処は嘘を歌ったんです」

吉「きっちゃんって、オレの事か……?」

ス「あははっ、誰でしょう」だって。


スミレとの2011年、最後の営業が終わった。


お仕舞い。


2011年12月25日。


吉右衛門。



カレンダー
2011年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031