‘ラピス・ラズリ’ カテゴリーのアーカイブ

「栄冠は君に輝く」の巻、後編


第100回全国高等学校野球選手権大会。大阪桐蔭高等学校(北大阪)と金足農業高等学校(秋田)の試合が始まった。


スタンドの応援は日本人特有の判官贔屓とでもいうのか地元、大阪桐蔭よりも金足農業の方に圧倒的、多く感じられる。やはり観客の多くはエースの吉田くんの頑張りと、ここまでのドラスティックな勝ち上がり方に魅せられているのだろう。


さて試合。

金足農業は序盤からエースの疲労に失策までもが加わって苦しみながらも、どうにか持ちこたえてきたが中盤になるともういけない。プロ注目の大阪桐蔭、根尾くんに本塁打が飛び出し一方的な展開に。そしてそのまま波乱もなく試合終了。大阪桐蔭の強さばかりが目立った試合だったが、勝ち負けよりも全力を出して戦った選手を讃えたい。そして監督、コーチは無論のこと、残念ながらベンチには入れなかったがスタンドで声を枯らして声援を送った野球部員、そして三年間、その選手に一生懸命、お弁当を作って我が子を励まし続けたご両親。その辺りにまで思考が流れると、何やら得体のしれない感情が湧いてきた。


試合が終わると閉会式。

司会を務める地元の高校生の進行でお偉いさんの挨拶、真紅の優勝旗の授与等が滞りなく終わると、司会のお嬢さんが、「これから大会歌の合わせて優勝チーム、準優勝チームが場内を一周します。スタンドの皆様も一緒にお歌いください」と粋なことを言ってくれる。この大会歌、「栄冠は君に輝く」を歌わしてくれるそうだ。


わたしも立ち上がり、♪ 雲はわき 光あふれて…… からの歌詞を誰に憚ることなく大きな声で歌う。

そして選手が目の前に来た頃にはもういけない。感動、感動また感動で涙がとめどもなく流れてきた。


改めて感じた。甲子園は途轍もなく凄いところだった。

吉右衛門、六五歳の夏。


平成30年10月8日

吉右衛門


おまけ

写真を並べます。

上から、球場、夏雲が浮かぶ満員のスタンド、大盛り上がりのアルプススタンド、入場券、帰路に寄ったお好み焼き(お店のお嬢さんがマヨネーズで通天閣を描いてくれた)。



「栄冠は君に輝く」の巻、前編


わたしの野球観戦歴は長い。

いつの頃からこんなにも好きになったのかを辿ってゆくと、1962年の大毎オリオンズとの開幕戦に行き着いた。


1962年…。

遠い昔である。指を折って数えてみると、かれこれ半世紀以上の歳月が流れている。


贔屓球団は東映フライヤーズ(現北海道ニッポンハムファイターズ)。ファイターズになる前のフライヤーズの後期は、わたしの人生で最も血気盛んな時代。関東近郊での試合のすべてを生で観戦していたし、それだけでは飽き足らず、私設応援団にも入れてもらって本拠地、後楽園球場(現東京ドーム)で球団旗の大旗を振りながら声を枯らしていたことさえもある。それだけに己でいうのも何だが筋金入りのファイターズファンである。


いきなりプロ野球の話から書き始めたがこれからマウスを動かす高校野球はというと、こちらの方は大したことはない。生で観たのは高校時代に母校の応援に神宮球場へ駆けつけていたのと、家族旅行で郷里の高知に行った折、春野球場で決勝戦を観戦したくらいで、あとは本大会に出場した高知勢をテレビの前で応援するくらいだった。しかし御多分に洩れず、かつては野球王国として名を馳せた高知県も近年は越境入学選手を主流とした私学の独壇場と化し、こちらの方の熱は冷めつつある。


その高校野球に今年は久方ぶりに高知商業が本大会に出場する。で、その動向に気をかけていると決勝戦がわたしの関西旅行に当たることに気がついた。高知商業が決勝戦まで勝ち残るか否かは別として、俄かに決勝戦を生で観戦したくなった。


しかし、そうは問屋が卸してくれない。近ごろ世情に疎くなったわたしは、まったくもって甘く考えていた。高校野球の人気が近年加熱しているとは知らなかった。それを知ったのは日課としている朝のラジオ体操の時。周囲との雑談の中で入場券の入手が困難であることを知るに至った。これには驚いた。もっと早く知っておれば手を打っておいたものと悔やんでも仕方がない。そこで遅ればせながら残り少ない入場券の入手方法を調べてみると、二日前にネットでの販売があるという。もはやこれに賭けるしかないが困ったことにその日は関西へ移動する日でもあるのだ。それでは、と二人の方に購入の代行を依頼したが、日頃の素行の悪さが祟って新幹線を待つ東京駅に(悲報)が届いた。


ダメであったか…。

これによって決勝戦を観戦する計画は、あえなく泡と消えた。


後編に続く。


平成30年9月24日

吉右衛門



もう秋ということにします。

こんにちは、マーガレットです。

最近は自然災害が多くて、鬱々としてしまいますね。

せめてお天気くらいはすっきりしていただきたいです。



ところで、9月ともなれば

もう秋と言っても良いのではないでしょうか。

(早いでしょうか?)


皆さまにとって秋といえば、何になりますか?

「読書の秋」

「芸術の秋」

「食欲の秋」

「スポーツの秋」…


いろいろありますが、

私は「食欲の秋」でしょうか。


果物が特に好きなので!笑

もちろん、栗ご飯や筍ご飯などの

炊き込みご飯も美味しいですよね。



幼い頃に栗拾いに行っていたことがあります。

山に入ってトゲがある栗を見つけては、

トゲを両足の靴で踏みつけて

ぐりぐりと割っていた記憶があります。


でも、なかなか良い塩梅の、ふっくらした栗が無いんです。


コツを掴むとすぐに中身が見えるようになるのですが、

思っているよりも、ふっくらはしてないんですよね。

中身が二つや三つに分かれていることも、

普段生活していると知らなかったかもしれないです。


あとはもう割れている栗などは、もう中身が無いか、

虫が食っていたりしていることが殆どでした。

懐かしい記憶です。


果物のお話をしようかと思っていたのですが、

思わず栗のお話になってしまいました。



皆さまにとっての「◯◯の秋」

よかったらお教えください(^▽^)



夏!青!応援!

こんにちは、テレサです。

寒くなったと思ったらまだまだ暑い日が続きますね(⌒-⌒; )

今回もまるの写真から!



\お中元で~す/



よく見えない人のために、


( ̄ェ ̄)





さて、今回は何を書こうかしらとカメラロールを遡っておりますが、

「お!これいいじゃん。」と思っても物忘れがひどいもので

そのときのフレッシュな感情が思い出せない…( ;´Д`)ひー



8月頭、暑い夏の日の夕方17時。

池袋線で揺られること約1時間、1Lポカリと500mlの麦茶を持って向かった先は




そう、西武球場前です!


西武ファンの友達に連れられ、今年2回目のメットライフドームです。

この日はナイターを観戦しに行きました。

弁当を屋台で買い、入り口に向かうとものすごい人の多さ…!!

この日は観客にシーズンユニフォームが配られる日だったそうで、

私は初ユニフォームにうきうきでした^_^


中に入ると当然ながら、風は吹かないし暑さはこもるし、

こんな中で試合をしている選手はすごい気力と体力だと感じました。


試合が始まったもののなかなか点が入らず、でも相手からは点が入り…

どうなっちゃうの!とひやひやそわそわドキドキの展開。

回が回るにつれて応援歌もだんだん覚え、

私もフラッグを振り、声を絞り必死に応援していました!


すると、後半8回裏、窮地の状況からようやくホームラン!

この状況でよく打ってくれた!!

隣の人と思わずハイタッチしてしまいました!







結果はあいにく負けてしまいましたが、

応援の楽しさと勝ってほしい!と手に汗を握る感覚はクセになりそうです(^∇^)

メロンパンさんと応援しているチームは違いますが、応援の楽しさはすごくわかります!

また試合に行って応援しようと誓ったテレサでした。



今度は記憶が新しいうちにブログを書きます(⌒-⌒; )

青森はいいところです

暑さにやられているナウです。

お盆の時期に夏休みを頂きまして
実家の青森に帰省しておりました。

実は出発する日、台風が関東に大接近しており
新幹線が動くかどうか心配だったのですが
何事もなかったかのように、発進してくれました(ホッ)

夜23時頃青森に到着したのですが
新青森駅に降りたとたん、空気が冷たい!!!
東京の湿気とかそういうの全部無い!!
すごい!青森ってこんなに素敵な場所だったんだね…
と、帰省するたびに思います。

次の日、家族でどこかに行こう!となり
鶴田町にあります、「鶴の舞橋」に決定〜!

鶴の舞橋とは・・・・!!!

鶴の舞橋は平成6年7月8日、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に、
日本一長い三連太鼓橋「鶴の舞橋」として架けられました。
全長300メートルもの三連太鼓橋はぬくもりを感じさせるような優しいアーチをしており、
鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルとして、多くの人々に愛されています。

と、紹介されております。

あまりいい写真が撮れてませんでした。。

鶴の舞橋を歩いて行くと、「丹頂鶴自然公園」という看板が。

かつて青森県鶴田町には数多くの鶴が飛来したそうです。
平成4年(1992年)に「生きた丹頂鶴誘致」の声が高まり、
平成5年に中国黒龍江省より2羽を譲り受け、
平成9年にはロシア連邦アムール州よりつがいを譲り受け飼育されているとのこと。

なかなか窮屈な場所におりましたが。。。
住心地は大丈夫なのか、心配になりました。

こうして間近で鶴を見るのは初めてでした。
なかなか貴重な体験が出来ました。

そんなこんなで今回の帰省では
いろいろな場所に行き、美味しい海の幸を頂き
久しぶりの家族団らんを楽しみました。

そういえば新青森駅にはこんなねぶたがありました。

青森出身の有名人ですね。

また年末に地元に帰るのが楽しみです。

以上、青森の夏を満喫したナウでした。

カレンダー
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031