‘ラピス・ラズリ’ カテゴリーのアーカイブ

すごく好きな漫画のお話(こんなブログでごめんなさい笑)

こんにちは!テレサです。

みなさんのコメントに「体調には気を付けていきたいですね!」

なんて言っていたにもかかわらず、

私が見事にインフルエンザになりました…泣

まだまだ流行っているそうなので、みなさん注意してくださいね。


今月はいろんなことがありました。

舞台を見に行き、小劇場を見に行き、映画を見に行き…

こうして見てみるとなんだか文化的活動って感じですね。笑

今月は1週間インフルエンザで出費がなかったこともあり

ガイドブックにグッズ、サウンドトラック…

色んなものを衝動買いしました( ^ω^ )


観に行った舞台は、私の大好きな某高校野球漫画を舞台化したものです。

この漫画、すごく好きなので簡単なあらすじを書きますね。



主人公は中学生時代に祖父の経営する中高一貫校の野球部に所属していました。

「経営者の孫だから」という監督のひいきで投手をやっている、

そんな理由でチームメイトから段々いじめられるようになり、

試合も負け続きになってしまいます。

彼はそれでも中学三年間、投手の座を譲らずに過ごしますが、

いじめを受け続けた主人公は自信がどんどんなくなり、高校は転校することに。


転校した高校先の部活紹介を迷いながら

「もう野球はやめよう…」「投手ができないなら野球部に入っても意味がない」

と思いつつもグラウンドに足を運ぶと

女監督に肩を掴まれ無理やりグラウンドの中へ連れられてしまいます。


そこにいたのは、まだ一年生だけの9人の男子生徒達と顧問の先生らしき人。

そう、主人公が連れられてきたのは

今年から新設したばかりの硬式野球部だったのです。

野球経験者で投手だったのは幸いにも主人公のみ。

「ここならもう一度投手ができるかも」

と一瞬頭をよぎりますが、やっぱり入部はやめようと心が揺らぎ

泣き出してしまいます。


周りにいた男子生徒達は突然泣き出した主人公に動揺しながらも、

入部をやめる理由を聞くと

「経営者の孫で、ひいきで投手にしてもらっているとわかっていながら、

中学三年間マウンド(投手が投げる場所のこと)を譲らなかった

嫌な奴だから…」

と細々と話しました。


そこへ、捕手経験のある一人が

「とりあえず、いまここで投げてみなよ」

とボールを渡し、主人公も

「一回投げたら、もう終わりにしよう」

と意を決して投げてみることに。


「こんなに卑屈で面倒臭そうな投手なら、

わざわざ引き止めなくてもいいのかも…」

と思いながらミットを構えると

思いの外面白い球が飛んでくることに気がつきます。


実はこの主人公は投げることが誰よりも大好きで、

誰よりも投球の練習をした結果、

ストライクゾーンが9分割、球種を4種持っているという

天才的なコントロールセンスを身につけた投手になったのです。


捕手は弱音を吐き続ける主人公に対し

ある言葉を投げて野球部にとどまらせます。


「俺がお前を本当のエースにしてやる。ただし、俺のサインには首を振るな。

サインに首を振る投手は大嫌いなんだ。」


(※捕手が投手に「こういう球種でこういう位置に投げてね~」ってサインを送り

投手はそれに対して「わかったよー」というときは頷き。

「それは投げたくないよー」というときは首振り、拒否をします。)



野球未経験者でルールも全然わからない私でも

漫画を読んでいくうちに、なんとなくこんな感じか!

とわかるようになりました。


ここから高校生たちの成長していく姿が魅力的で、

ピッチャーにしろバッターにしろ相手選手にしろ

一球一球に対する心理描写がすっごく繊細に描かれています。

私はこの漫画の主人公がとても好きで…

というのも他の漫画にあるような強気な投手ではなく

超のつくほど弱気で自信がない投手なのがまた共感をしてしまいます。笑


いろんな漫画を読んでいますが、

この漫画ほどどハマりした漫画はなく、漫画とアニメを見すぎて

シーンや台詞を熱弁してたらドン引きされました。

皆さんもはまっているものがあったら…気をつけてください(^_^;)

(えっ締めそれ!?)


青森に帰省した時のこと

1月の話になりますが

実家の青森に帰っておりまして

それはそれはまったり過ごしていたのですが

ある日突然白鳥が見たくなり、

青森県平内市は浅所海岸へと向かいました。


海岸近くの駐車場に車を停めたら

すぐに聴こえてきました。

白鳥の鳴き声が!


クエー!クエー!


結構居る。



地元の人たちが餌をあげているのですが

白鳥たちは人間が餌をくれるとわかっているので

よく群がってきます。


餌が無いとわかると、すぐに別の人のところへ

スイーと移動していきます。



↑餌を持っている人の方へ移動する白鳥たち



よく見るとカモメやカモらしきもたくさん居ます。


すると何が始まるかというと

餌の争奪戦がスタートします。


カモメは俊敏なので、白鳥はよく餌を奪われていました。

かわいそう…。


私は今回餌を持って行きませんでしたが

子供のころはパンの耳や、湿気たかっぱえびせんをあげていた記憶があります。


ところで白鳥って雪国に飛来するものだと思っていましたが

調べてみたら関東にも来るんですね!

千葉にある「白鳥の郷」は、白鳥飛来数1000羽以上!

来年は千葉で見てみようかしら。


***


ところ変わって

青森駅前の「A-FACTORY」前。



地元の子供たちが作った小さなねぶたが飾られていました。



雪の中、ほんのり光る可愛いねぶた。


外はめちゃめちゃ寒かったですけど

心はじんわり。



青森っていいな〜!

メロンパンの年末年始


明けましておめでとうございます!


すでに1月も終わりそうではありますが。




皆様は、年末年始はいかがでしたか?


メロンパンは年末年始の雰囲気が大好きなんです。


いつもよりゆっくり過ごせるから・・・というのもありますが、

年末の「今年もありがとう」という気持ちが皆で高まる雰囲気と、

年始の「今年もよろしくね」「今年も頑張るぞ」という

清々しい空気感が、なんとなく好きなのです。


なんてざっくりとした理由!




メロンパンはというと、

年末年始は毎年かかさず実家の浜松市(静岡県)に帰省しています。


浜松駅に到着すると、

相変わらず、大河ドラマの広告で溢れております。

柴●コウさん、美しいですよね・・・!



地方都市なので、

都内ほど景色が移り変わったりはしないのですが、

「あ、あのお店が変わってる」とか、

「こんなオブジェあったっけ?」とか、

微妙〜〜〜な変化を見つけると、

知らないうちに地元が変わってしまったような

ちょっとした切なさを覚えます。

(大げさ)



《遠州のからっ風》という言葉があるほど、

私の地元はとにかく風が強いのです。

ビュービューです。


静岡は温暖な気候ですが、

油断して軽装で出歩くと、《遠州のからっ風》に

一瞬にして芯まで冷やされます・・・


そんな冷たい風に負けず、

よく遊び、よく休んだお休みでした。




今年も、健康に!元気に!頑張りますので、

皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。






もふもふ始め

新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


皆様はどのような年越しを過ごされましたか。
私は両親が田舎に帰っていたので、
映画・DVD三昧で年明けを迎えました。



さて、テレサといえばペットのまるの話ですね。

まるは親が帰省しているせいで、

とーっても寂しがっています(´Д` )

そんなに!?ってくらいにゃーにゃー鳴いては気を引いて

ずっとそわそわして落ち着きがない様子です。

今日お母さんが帰ってくるからもう少しの辛抱…!



寂しそうにしがみつくまる。




そんな私はまるをほっぽってどこへ行ったかというと、

年明けからフクロウをもふもふできる某所に行っておりました!


店員さん「お姉さん、もふもふ始めしましたか?」

テレサ「え、もふ…もふ?」

店員さん「フェネックやハリネズミ、フクロウもたくさんいるんですよ」

テレサ「え!?それはもふもふしなければっ!!」


店員さんに連れられ、入るとそこにはたくさんの小動物やフクロウが!


中でも目に留まったのがメンフクロウ!



この三兄弟感がなんとも言えませんでしたね。

早速、一羽腕に乗せてもらいました。

ひぃーーーーーー!!!!

かわいいーーーーー!!!

こっち見てるーーー!!!


カメラ目線、いただきました!!!!


あっという間に戯れの時間は過ぎ、終わりの時間…。

とっても名残惜しかったです。


フクロウと戯れるなんて非日常を滅多に体験できなかったので

とっても楽しかったです(*^^*)


もふもふ始め。いいですよ。おすすめです。


以上、テレサでした。

本年もみなさんにとって良い年になりますように。

満腹放浪記《第二十七章》


白鳥ダンクでございます。


肌寒い日が続いておりますね・・・。

暑がりと自分で思っていたダンクですが、
寒いのも苦手な気がしてきました。。

毎日、寒すぎて寒すぎて・・・。

毎朝、布団から出るのが辛いでございます。
(たぶん、暖房をつけてないからや)




はてさて、今回紹介させていただきますのは、
ダンクが行きたくて、行きたくて、行きたくて、
ずっとうずうず、ワクワクしていた
小金井にあります有名なハンバーグ屋さんです!!



実はこちらのお店、昨年の今頃、
吉右衛門様と当時営業にいらした千葉さな子さんとも
訪れたことのあるお店なのです!


ですがその日、たまたまお店が閉まっておりまして
一年前、泣く泣くお店を後にしたのでした。



そして一年後、リベンジする時が来たのであります!



お店に近づきますと、平日に関わらず並ぶ家族連れや
ご近所(たぶん)のマダム達がたくさん・・・!


店内に入ると、すぐそこに炭火で焼いている調理場があるので、
香ばしいお肉の匂いが漂っていて、
匂いだけで食欲がかなりそそられます・・・!



今回一緒に行ったテレサちゃんは170gを注文。
ニコタマゴロウさんは思い切って300gを注文!

ダンクは、吉右衛門様に甘えさせていただき

吉右衛門様と一緒に1ポンド(450g)を注文!←え


そして、ついに念願のご対面!!




待ちに待った、ハンバーグ様がこちらです!




うわーーーーーーーーあ!!!!!










うわーーーーーーーーわわわあ!!!!!





鉄板の一面にハンバーグ様!!
♪───O(≧∇≦)O────♪






ハンバーグは俵状のものを店員さんが半分にカットして下さり、
鉄板に押し付ける際に、焼き加減を聞いてくれます。

ダンクは「ミディアム」をチョイス☆

ソースは8種類から選ぶことができまして、
私はハンバーグの鉄板ソースである、デミグラスソースにしました*
デミグラスソースを熱々の鉄板にかけると、
まさに幸せな瞬間を味わえます・・・!!



こちらのハンバーグ、100%ビーフなので

なんと生でも食べられるそうです!!
外はお肉の味を逃がすことなくしっかり焼かれているので、

とても香ばしく中のお肉はジューシーでレアにかなり近く、

切ったハンバーグを口にいれると、
あっという間に消えてなくなってしまいます!



美味しい・・・!!そして、お肉が甘い・・・!!涙
今までに食べたことのないハンバーグなのです。。号泣


あ〜なんて、至福のひと時なのでしょう。。
ずっと食べ終わりたくない。。



セットのパンも、ホカホカでとても美味しかったです!

1ポンドのハンバーグも、もちろん完食☆
本当にこちらのハンバーグは今まで食べたことがないくらい美味しく、
1ポンドの量もこれだけ美味しいと、あっという間です。


あのニコタマさんも300g食べましたからね!
それほど美味しいということです!







みんなでデザートのリンゴのアイスもペロリ♪

中にリンゴの果肉が入っており、さっぱりしてとても美味しかったです♪



ああ・・・・あの美味しさが今でも思い出す・・・(じゅるり)



実は一昨日、再度こちらのお店に連れてっていただく
機会がございまして・・・・笑

その時は、300gのハンバーグに
ガーリッックソースでいただきました☆



ガーリックソースもまた美味しかったなぁ・・・。



吉右衛門様のおかげで、今年もたくさん色んなお店へ
連れて行っていただきました。
日々、感謝の気持ちでいっぱいです。



吉右衛門様にも、そしていつも助けて下さる皆さまの為にも
少しずつ恩返しできるよう、来年も努力いたします。



今年は色々考えさせられる一年でした。
人生で一番、学ぶことの多かった一年だったと思います。
人の上に立つことも、目の前でダメ出しを食らうのも、
誰かに面と向かって怒ったのも初めてかも知れません。


今年も一年ありがとうございました!!



クリスマスもまだ来ていないのに、
早くお餅が食べたくてしょうがないダンクなのでした。
皆さん、良いお年を〜!

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728