2012年1月 のアーカイブ

吉右衛門の闘病日誌、リハビリの日々、の巻。


2012年01月20日、


今日は手術を受けてちょうど三ヶ月目の日。

定期検査検診とリハビリの為、東京大学医学部附属病院へと向かう。


午前9時、

病院へ到着して直ぐに手続。

その後、X線、心電図、血液の順で検査を受け待合いに腰をかけ、

診察を待つ。

今日も多くの患者さんが来て、待合いは大賑わい。

ココではボランティアの方が数名、案内係を努めていて、

フロアの案内やら書類の書き方の指導し、

世話を焼いてくれているのだが、何せ患者の方が多いから大変だ。

それにも拘らず、

中には案内とは関係のない話を延々をしている年配者もいる。

これは想像だけど、ご家族と離れて過ごされているので

キッと誰かに話を聴いてもらいたいのだろう。

それをキチンと受け留めている姿には感心させられた。


それとだ。

もしここに昔のガッコ時代の旧友が居たら、

オレの事を気付いてくれるのだろうか?。

こちらが気付いて「オイ、田中っ!」と、声をかけても、

「貴男、誰ですか……?」と言われてしまいそう。

学校出てから既に40年、この変わり果てた姿を見て、

オレだと気付く奴はいまい。

オレだけではない。これが彼女とも成ると、

ウチの婆さんを見る限り面影すらないだろう。

今更乍ら思うけど、

彼女等は今、何処で何をしているのだろう。

恐いものみたさではないけれど、

ちょっとだけでも覗けるものなら覗いてみたい。

こんな事を想い含み笑いをしていたら、

「吉右衛門さーん、お入りください」と、呼んでもらえた。


10時半、

問診が始まった。

先「どうですか、お変わりないですか……?」。

吉「まだ、長く生活すると疲れるのですが、前回(11月上旬)より大分向上してきました」

先「検査結果も悪い方にはいってないようですから、もう暫く大事にしていてください。他に何かありますか?」

吉「あのお実は、最近釣り場の看板を作って販売しているのですが、前回は、駄目、と言われた釣りを始めてもいいですかっ?。日溜まりの釣り堀で4、5時間程度でいいですから…」。

先「まあ、いいでしょう。そのかわり水分の補給は充分に、呉々も脱水には気をつけてください」

やった!。釣りが出来る。


11時10分、

検査を終え、今度はリハビリ。

こちらの方は始めてから2ヶ月になる。

現在正月休みを除外すると2週間で3回程度通っている。

ではリハビリで、何をやっているのか。

先ずは回復不足者仕様に付加が低く設定された、自転車を40分こぐ。

それが終わると続いてゴムを使った筋力トーレーニング。

これは手足合わせて6種目を各々15回、

更に足頚の伸縮とスクワットを各々20回。

これがキツい。

キツいのなんのって15回目を越えた辺りから、泣きがはいる。

こんなにキツく辛いメニューも続けていれば、

いつか克服出来る時はくるのであろうか。

コーチ曰く。

筋肉を兵隊に例えて、今、働いているのは

1000人いる兵隊のうち100人しかいません。

だから寝ている残り900人を起こし尚かつ、

ひとり一人を強く鍛えれば出来ます。

分かり易く言ってもらえた。

この彼はスポーツマンだし思いやりもあるし、すごい好青年。

そうだ、いつかオレが仲立ちしてペンキ屋に紹介してやろう……。


12時40分、

病院を後にして食事に向かう。

オレはどんな苦境に立たされても食欲が衰えた事は無い。

それは肉体的にも精神的にもだ。

今日は湯島へ担々麺を食べに行くつもりで、

とぼとぼと向かっていると、

道中、俄にトンカツが食べたく成ってきた。

そしてその思いが強く成り、

食べたくて食べたくて堪らなく成ってくると、

頭のなかで担々麺とトンカツとの壮絶なる戦いが始まった。

結果はと言うと、

何の為に自転車をこいで筋力トーレーニングやっていたのかっ!、

との天の声を聞いて初心貫徹、担々麺が勝った。


己の僅かな良心の存在に満足しながら店に着くと、衝撃のコメント。

店員不足の為、不定営業となっています。だって。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13042564/

あの名店がねえ。

以外な事態に陥り乍らも、思った。

これで堂々とトンカツが食える、と。

http://gourmet.walkerplus.com/……461011127/


お仕舞い。


2012年01月29日、


吉右衛門。


ぎゅう☆にゅう

肩こり・腰痛・冷えと闘うレンジャー!

どうもベーベです。


マッサージに行きたい今日この頃。

寒い日々、みなさんどう過ごしてます?


一人暮らしの身にとってマッサージ代なんて、

かなりリッチ価格なのでなかなか手が出ません!


道すがらあるマッサージ屋さんの前で、指くわえて帰る日々です。


あー、行きたい、行きたい。


そんな不毛な想いと共に迎えた週末。

友人が遊びに来たので、一緒に温泉のような“銭湯”に行ってきました。


足を伸ばして、肩まで浸かって…

ジャグジーめっちゃ腰にあてる!露天風呂行く!!うわ、肌つるつる!!!



何コレ?…何コレ!!?…極楽はここにあるやん。



ってなりました。


もちろん、お風呂出た後にフルーツ牛乳をクイッと飲んで、

こころもからだもポカポカ。


こころなしか、肩も軽い気がっ…!!!


また近々、行ってこようかと思います。


パン屋探訪 2

最近何となく通っているパン屋さん。

靖国通りからちょっと秋葉原方面に入ったところ、白泉社の近くにある近江屋さんです。

http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/

朝早くからやってるのでたまに出勤前に寄ります。

昭和のかおり漂う店で、通りに向って一面ガラスなのに何故か薄暗い。

天井が高くて広いのに、決して商品をところせましと並べず、

いつも寂しい印象なのが良いです。


ここはケーキ屋さんで、大きなショートケーキやフルーツポンチなんかが美味しそう。

喫茶スペースのドリンクバー(美味しそうなイチゴジュースとかみかんジュースとかボルシチ?とかが飲み放題で五百円くらいだったような)

も気になっているんですがまだ利用した事がないです。


私が買うのはふつうのパンです。

ごく普通のハムチーズサンド。









ごく普通。

でもチーズもハムもバターロールも丁寧な味です。



紙袋が可愛い。





実は津軽海峡冬景色を語ったのはNGだったのだが、の巻。


2012年01月05日、


御用始め日の挨拶の事。

あの日、津軽海峡冬景色がどうのこうのと話したわけだが、

ごめんなさい。今更だが白状すると、実はあの場で喋るつもりだったのは、津軽海峡・・・ではなかったのだ。

では何がお題であっかと言うと、新年度が赤字で始まったので社員さんへは奮励努力のお願いと、今年から導入するつもりの、主将制についての説明をしたかったのだ。

それがこの主題を抜かして喋ったのは、まったく以て不覚というかお粗末であったが、それが思わぬ尾ヒレを生んで、幸せな気分になれたのだから、物事はどう転ぶかわかなない。


先ずはあの時、何故、あんな話をしてしまったのか。

それは正面に立っていた、ひこうき雲と視線が合ってしまったのがいけなかった。

その瞬間、紅白歌合戦で井上真央さん(あの時はみずほ銀行のポスターの娘と言った)が石川さゆりさんを感激の面持ちで初々しく曲紹介した時に、ひこうき雲の司会を思い出した事へ、思考が流れてしまった。

普段から起承転結までは考えずに喋るオレの事。つい歯止めが利かずに脱線してしまった。

あれじゃあ、もう社員さんには話は誠実にしろ、なんて言えやしない。


反省、猛省、反省の時間を経て、

昼にスミレを連れて銀座の焼き鳥へ行った時の事。

※鳥繁、 http://ginza-torishige.co.jp/

入店するなり、

喉が乾いたので何か呑みたい、とネダる彼女。

じゃあ麦酒でも頼もうか、と言ったのはオレ。

ジョッキを、カチンっとブツけて、

一週間のご無沙汰でしたっ!と乾杯。

仕事中だというのに、ゴクッゴクッ!、と音を立てて呑むスミレ。

流石に一週間もブランクがあると話題が尽きない。

箱根駅伝、暮れの番組の演出への苦言、それから動画サイトに登録する事が出来てヤクザ映画を散々観て過ごしていた話等など・・・。

やがて鳥が焼けてきて舌鼓を打ち始めると、静かに成る。

オレはさっさと食べ終え、

スポーツ新聞を拡げて東西の金杯の予想を始める。

そう、この後彼女と別かれて銀座の場外馬券売場に買いに行くのだ。

赤鉛筆を片手に予想に熱が入り始めた時辺りから、隣で鼻歌が聞こえて来た。たいして気にも留めずいたら、店を出ても未だ歌っている。

吉「オマエさっきから何を歌ってるの」、

何気なく訊いてみたら、

ス「津軽海峡冬景色ですよお」、

嬉しい答えが返ってきた。

吉「早速練習してくれてるんだ、ありがとう」、

笑顔で応えると、

ス「ハイ!。でもサビの部分が難しくて、天城越えの方が簡単かな」、

とヌカシしやがった。

吉「言ってくれるじゃねえか、この野郎!。天城越えはなっ」

ココまで言うと遮られて、

ス「知ってますよ、苦労を知らない女は歌っちゃいけないんですよね。アハハ」、だって。

いやはや、今年も遣り込められそうだ。

スミレちゃん、楽しいお昼をありがとう。


更に、続く。

自宅に戻っての夜の9時頃、一通のメールが届いた。

早速、開封してみると、

2枚の写真と供に、

こんなメッセージが添えられていた。


竜飛岬の石川さゆりさんのお歌像です(^.^)

夏にとったやつが、叔母から写真で送られてきました~。

携帯で写真を撮ったので汚いですが‥























感動と言うか、驚きと言うか、これには暫し息を呑んでしまった。


オレのしょうも無いNG話にも、

しっかりと耳を傾けてくれていたスタッフがいたのだ。


彼女はオレが喜ぶと思って、郷里の叔母さんに頼んで

この写真を送ってもらったのだと思う。


何だか嬉しい様な、申し訳ない様な複雑な気分だったけど、

結局、嬉しく幸せな気分だけが残った。

オレはこの貴重な写真は大切にズッと保管させてもらう。


そうだ、

3月の明治座の石川さゆり公演は、ひこうき雲を連れて行こう。


お仕舞い。


2012年01月13日、

一年前、ハンバーグ屋で

愛の貧乏の脱出大作戦について語り合った日。


吉右衛門。




あけました


あけましてオメデトウございます!


・・


・・・明けましたね〜


皆さんはいかがおすごしですか?

私はお酒とお菓子の間で幸せに包まれておりました。

食べても、いいよ^^と大々的に許されている

気分になってしまうお正月!!!


といいますか、

私は既に年越し前から食べてましたが。


(作ってくれました。輝く数字が目にしみます)



年も明け、時間は刻々と過ぎてゆき・・


(つぼみの子が咲きました*ランちゃん)


(おなじみのこいつも、

元気にささみを食べています)



今年も、宜しくお願いします。


カレンダー
2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031