「怪獣捕獲ゲーム、人造怪獣2号」の巻


昨年の秋頃から、このゲームに人造怪獣2号が登場した。

この人造怪獣2号とやらは伝説中の伝説らしく誰もが欲しがる怪獣。

が、原作を知らないわたしにはその希少性がわからない。

それでも、このゲームをやっているからには、コイツが欲しくなるのは人情というもの。

で、この人造怪獣2号であるが野良に棲息しているわけでも卵から孵化するわけでもない。初夏の頃から始まった討伐ゲームでしか捕獲することしかできない。しかも、この討伐ゲームへの参加は誰しもというわけにはいかない。このゲームの運営側から招待を受けねばならぬのだ。

そこで、いつわたしにも声が掛かるかと心待ちにしていたが、待てど暮らせど何もない。

わたしの主戦場は千葉の自宅の周辺。ここに無理があるのではと11月の半ばから事務所近くの神田川を渡った所にある、遊技人口の多い公園界隈にまで進出してみることにした。


わたしにも招待状がきますように…。


そう念じていたある日のこと。

待望の招待状が届いた。


時は師走の半ば。

いざ、決戦の時。

現場に着くとすでに大勢の暇人が詰めかけていた。

時間が迫る。

10秒、5秒、3..2.1。

ゴクリっと生唾を呑み込んで画面を見守るわたし。

すると卵が割れて、人造怪獣2号が現れた。

早速、討伐隊を選抜。

この日の為に揃えた自慢の緑色をしたゴジラ風怪獣を6体。

そして最強の個体から突入。

4体目くらいで倒せればいいな…。

そう思って連打していると、なんと最初の1体目で討伐が成った。

案外だったな…。

そう安堵したのもつかの間。これから始まる捕獲チャレンジで捕らえなけばならない。

これがどうにも不得手なわたし。

それでもやらねばならない。

獲得した捕獲玉の数は、九つ。

残りが少なくなると心理的に圧迫されるから先手必勝で捕らえなけらばしくじりそう。

そんな不安を胸に挑んだが、どうも想像とは違う。

何が違うのか、怪獣を囲むリングの罫が細いのだ。

いつも対戦している首領の連中は赤くて太い罫。

これはいけるかもしれない…。

そう思って最初の玉を投じようとしたが、奴が知人から訊いてきた行動に出ない。

確か、右腕を水平チョップのように振って威嚇した瞬間に投げるように云われたが、いつまで経ってもその行為にうつらない。

斯くなる上は仕方がない。いったれ!。

そう思って投じた玉であったが、無事に奴を包み込んだ。

判定は優・良・可の良であったが、兎に角、玉に封じこむ事ができた。

あとはこいつが飛び出してこなければ、大願成就となるのであるが…。

そう思って玉を見つめること数秒。

クルッ、クルッ。もう一度回れば奴が俺のものになる。まわってくれ!

祈るような気持ちで画面を凝視していると、ホッ!。

無事に三度目がまわって、捕獲成功。

これに安堵して遠州と津軽に捕獲した旨をLINEで伝えて、一件落着。

破顔一笑、家路につく。


お仕舞い。


平成30年1月15日


吉右衛門


もふもふ始め

新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


皆様はどのような年越しを過ごされましたか。
私は両親が田舎に帰っていたので、
映画・DVD三昧で年明けを迎えました。



さて、テレサといえばペットのまるの話ですね。

まるは親が帰省しているせいで、

とーっても寂しがっています(´Д` )

そんなに!?ってくらいにゃーにゃー鳴いては気を引いて

ずっとそわそわして落ち着きがない様子です。

今日お母さんが帰ってくるからもう少しの辛抱…!



寂しそうにしがみつくまる。




そんな私はまるをほっぽってどこへ行ったかというと、

年明けからフクロウをもふもふできる某所に行っておりました!


店員さん「お姉さん、もふもふ始めしましたか?」

テレサ「え、もふ…もふ?」

店員さん「フェネックやハリネズミ、フクロウもたくさんいるんですよ」

テレサ「え!?それはもふもふしなければっ!!」


店員さんに連れられ、入るとそこにはたくさんの小動物やフクロウが!


中でも目に留まったのがメンフクロウ!



この三兄弟感がなんとも言えませんでしたね。

早速、一羽腕に乗せてもらいました。

ひぃーーーーーー!!!!

かわいいーーーーー!!!

こっち見てるーーー!!!


カメラ目線、いただきました!!!!


あっという間に戯れの時間は過ぎ、終わりの時間…。

とっても名残惜しかったです。


フクロウと戯れるなんて非日常を滅多に体験できなかったので

とっても楽しかったです(*^^*)


もふもふ始め。いいですよ。おすすめです。


以上、テレサでした。

本年もみなさんにとって良い年になりますように。

雪がすごい!

今年ももう僅かとなりました。
皆さんはどんな1年を過ごされたのでしょうか?


私はというと

2017年になった途端、超スピードで駆け抜け、
気がつけば春、夏、秋…
そして現在に至る。笑。
それくらい勢いのある1年でした。


成長できた面もあれば、反省点も多々あり…
来年に向けて改善すべき事は沢山ありますが
ひとまず年末は体を休め、
スッキリとした身体で2018年を迎えたいですね!


ここ2年間、年末になると両親が東京に遊びに来て
年を越していたのですが
今年は私が実家の青森に帰り、年越しをします!
久しぶりの冬の青森!不安です。
不安すぎて青森用の防寒具を買い揃えました。
そのことを母親に報告したら、こんな写真が撮れ送られてきました。



オーマイガッ


これが雪国の現実!!
毎日降り続ける雪…
朝になると床で埋もれる玄関…
雪かきしてる最中でも容赦なく降り続ける雪…
青森に住んでいた頃に勤めていた会社では
午前中ずーーーっと、
雪かきしていたこともありました…


そんな大変な地域ですが、雪が嫌いなわけではありません!
雪国で育った経験は大切な思い出です!
雪国でしか味わえない楽しみがたくさんありますからね♪


久しぶりにスキーがしたい
でももう滑れなそう(体力的に)


皆さん、今年はお世話になりました。
どうぞ良いお年を迎えられますように!


来年もよろしくお願い申し上げます!

満腹放浪記《第二十七章》


白鳥ダンクでございます。


肌寒い日が続いておりますね・・・。

暑がりと自分で思っていたダンクですが、
寒いのも苦手な気がしてきました。。

毎日、寒すぎて寒すぎて・・・。

毎朝、布団から出るのが辛いでございます。
(たぶん、暖房をつけてないからや)




はてさて、今回紹介させていただきますのは、
ダンクが行きたくて、行きたくて、行きたくて、
ずっとうずうず、ワクワクしていた
小金井にあります有名なハンバーグ屋さんです!!



実はこちらのお店、昨年の今頃、
吉右衛門様と当時営業にいらした千葉さな子さんとも
訪れたことのあるお店なのです!


ですがその日、たまたまお店が閉まっておりまして
一年前、泣く泣くお店を後にしたのでした。



そして一年後、リベンジする時が来たのであります!



お店に近づきますと、平日に関わらず並ぶ家族連れや
ご近所(たぶん)のマダム達がたくさん・・・!


店内に入ると、すぐそこに炭火で焼いている調理場があるので、
香ばしいお肉の匂いが漂っていて、
匂いだけで食欲がかなりそそられます・・・!



今回一緒に行ったテレサちゃんは170gを注文。
ニコタマゴロウさんは思い切って300gを注文!

ダンクは、吉右衛門様に甘えさせていただき

吉右衛門様と一緒に1ポンド(450g)を注文!←え


そして、ついに念願のご対面!!




待ちに待った、ハンバーグ様がこちらです!




うわーーーーーーーーあ!!!!!










うわーーーーーーーーわわわあ!!!!!





鉄板の一面にハンバーグ様!!
♪───O(≧∇≦)O────♪






ハンバーグは俵状のものを店員さんが半分にカットして下さり、
鉄板に押し付ける際に、焼き加減を聞いてくれます。

ダンクは「ミディアム」をチョイス☆

ソースは8種類から選ぶことができまして、
私はハンバーグの鉄板ソースである、デミグラスソースにしました*
デミグラスソースを熱々の鉄板にかけると、
まさに幸せな瞬間を味わえます・・・!!



こちらのハンバーグ、100%ビーフなので

なんと生でも食べられるそうです!!
外はお肉の味を逃がすことなくしっかり焼かれているので、

とても香ばしく中のお肉はジューシーでレアにかなり近く、

切ったハンバーグを口にいれると、
あっという間に消えてなくなってしまいます!



美味しい・・・!!そして、お肉が甘い・・・!!涙
今までに食べたことのないハンバーグなのです。。号泣


あ〜なんて、至福のひと時なのでしょう。。
ずっと食べ終わりたくない。。



セットのパンも、ホカホカでとても美味しかったです!

1ポンドのハンバーグも、もちろん完食☆
本当にこちらのハンバーグは今まで食べたことがないくらい美味しく、
1ポンドの量もこれだけ美味しいと、あっという間です。


あのニコタマさんも300g食べましたからね!
それほど美味しいということです!







みんなでデザートのリンゴのアイスもペロリ♪

中にリンゴの果肉が入っており、さっぱりしてとても美味しかったです♪



ああ・・・・あの美味しさが今でも思い出す・・・(じゅるり)



実は一昨日、再度こちらのお店に連れてっていただく
機会がございまして・・・・笑

その時は、300gのハンバーグに
ガーリッックソースでいただきました☆



ガーリックソースもまた美味しかったなぁ・・・。



吉右衛門様のおかげで、今年もたくさん色んなお店へ
連れて行っていただきました。
日々、感謝の気持ちでいっぱいです。



吉右衛門様にも、そしていつも助けて下さる皆さまの為にも
少しずつ恩返しできるよう、来年も努力いたします。



今年は色々考えさせられる一年でした。
人生で一番、学ぶことの多かった一年だったと思います。
人の上に立つことも、目の前でダメ出しを食らうのも、
誰かに面と向かって怒ったのも初めてかも知れません。


今年も一年ありがとうございました!!



クリスマスもまだ来ていないのに、
早くお餅が食べたくてしょうがないダンクなのでした。
皆さん、良いお年を〜!

カラオケの巻、後編。


はじめろっ!。

わたしのこのひと言で宴が始まった。

で、それを待っていたかのように、(赤いスイトピー)が流れてきた。

この曲を歌ったのはこの会の幹事を引き受けてくれた、テレサ。

彼女の歌を聴くのは始めてだが、これがどうして、なかなかのもの。

見事に松本隆さんの世界を歌いきった。

これに思わず、上手いな…、と呟いたわたし。

今度営業にゆく時、車の中で歌わせよう。


二番手は田中実。

大江某さんの歌をおとなしく歌ったが、

彼はこの後、回が進むたびに本領を発揮してくる。


三番手は白鳥ダンク。

スマップの何某とかと云う楽曲を優しい性格の通りの歌声で披露した。


四番手はわたし。

十八番の(時には娼婦のように)。これを歌ってだいぶん楽になった。


お次は二子玉ゴロウ。

彼女が選んだのは、岩崎良美さんの大ヒット曲、(タッチ)。

彼女は入社以来、わたしのボウヤをつとめてくれていて、

いつも営業にゆく道中の車では演歌を口ずさんでいるのだが、

このようなアップテンポな曲は初めて聴いた。


六番手は遠州のラッキー。

彼女が歌ったのは相川七瀬さんの(夢みる少女じゃいられない)。

この歌は彼女の声質に合っていたような気がしたので、

唄えるか聞いたことがある。

その時は「経験はないが歌えそうな気がする」と応えてくれたが、

器用なものだ。とても力強くてよかった。


そして一巡目のラストは津軽のざわざわ。

驚いたことに彼女が歌ったのは昭和を代表する名曲(津軽海峡・冬景色)。

実はわたし。

昨夏に蕎麦屋で開いたざわざわの歓迎会で

彼女がこの曲を知らなかったのに驚き、

叱責とはいかないまでも小言の一つも言ったのを覚えている。

あれから一年半。彼女は人知れず練習に励んでいたのに違いない。

そういえば彼女が神田の西口商店街にあるカラオケ屋から

出てきたのを見かけたことがある。

努力は必ず報われる。

この言葉は彼女のためにある。

そして彼女の望郷の思いが詰まった歌声に惹きこまれ、

不覚にも涙を流してしまった、わたしだった。


不安がいっぱいで始まったカラオケも、終わって見れば楽しい夜だった。


参加してくれたスタッフのみなさん。ありがとうございました。


17年12月12日。


吉右衛門。


未校正につき、誤字脱字、乱筆乱文をお許しください。


カレンダー
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031