‘ニコタマゴロウ’ カテゴリーのアーカイブ

ニコタマゴロウの徘徊日記

こんにちは!ニコタマです。


例年のことですが、

ラピス・ラズリは繁忙期を迎えております。


ニコタマは一山越えたところではありながら、

新しく取り組んでいることもあり、

年度末までは色々と動きがあるかなあという感じです。


忙しくなってくるとついつい気持ちが殺伐としてしまうものです。

リフレッシュの方法はひとそれぞれですよね。

社内のスタッフさんもスポーツやもふもふ、狩猟・・はどうなのかなあ。

へ〜ってお話をよく聞かせてもらってます。


そんなニコタマは先日、迫力あるものが見たくなり、

夜の帳が下りる頃というのにこんなところへ出かけたのでした。



そう、羽田空港!


1月の寒空、

風がびゅうびゅう体を冷やすし、

顔はどんどん、カッピカピ。


だけどもそんなことを忘れるくらい

迫力満点の鉄の塊に没頭したのでした。


搭乗するわけでもないのに、

その後、

ラーメンをすすり、

お土産店で隈取りフェイスパックを買い、

(カピカピになっちゃったから)


遊び疲れて帰りました。


さてさて慌ただしい日々はもう少し続きます。


みなさま、

体調にはくれぐれも気をつけて頂きつつ、

程よく緩急つけて頑張りましょう〜。

ニコタマゴロウのゲーマー日誌

こんにちは。

隠れゲーマーのニコタマです。


少し早いクリスマス、のつもりで、PS4を買ってしまいました。


すでに我が家にはWiiUがあって、

それなりに人気ソフトを楽しんでいたのですが、

やり込みすぎて・・遊べるソフトがないという・・どんだけなのか。


一緒に手に入れたのは「StarWars バトルフロント2」というもの。


いきなりすごいマイナー感!

ドラクエとかあったのに!


そうなんです。えへへ。


このゲーム、StarWarsの世界に入り込んで

世界のオンライン上のみなみなと、

帝国軍と反乱軍に分かれて総勢40人(くらい)の大乱闘に参加できるのです!

バトルは打破数や仲間へのアシストで加算されるポイント制になっていて、

ポイントの高い玄人さんは映画の主要キャラクターになれるのです。


ニコタマは前作の映画以来カイロ・レンに熱いまなざしを向けてますが、

なにせ無駄死にが多いので歩兵ストームトルーパーのままです。


いつかライトセーバーを振り回したい。

でもストームトルーパーのつるつる感、たまりませんよね。


なんだかゲームの紹介みたいになってしまいました。

今冬は寒いみたいなので、部屋をホコホコにして楽しみます :lol:








ニコタマゴロウのロス日誌

こんにちは。


ニコタマゴロウです。


近頃よく聞く「〇〇ロス」

大切なものを失くして喪失感を感じることだそうです。


そんなゴロウは「ひよっこロス」

ずっと見ていた朝ドラ「ひよっこ」がとうとう9月で終わってしまいました。


いわゆる朝ドラに感じる”はつらつ”とは違う、”のほほん”とした空気感。

手練な役者さんたちの小技の効いた演技。

・・演技を演技と思えないような、物語に没入できる空気。

それが技術なのでしょうなあ。


しかし、この物語については

こんなクダクダと語るもの間違ってるような気がするなあ。


新しい朝ドラも抜かりなく見てるのですが、

8時になったら桑田佳祐の歌うテーマソングを聞きたい。


影響されやすい私なので、

半年後には同じことを言ってたりして。とも思いますけれどね。


でも。おとーさん、みねこが見たいです。


わはは。

ニコタマゴロウの残暑日記


こんにちは。ニコタマゴロウです。

8月、長くグズグズとした天気が続きました。

あれれ今年は冷夏なのかな。


と思えば、


あっつ!

刺すような日差しと息苦しい天気が復活しました。


なんなのか!


こんな時、その身を案じてしまうのが

我が家(実家)に住む毛皮をまとったあの方です。


先日心配になって面会してきました。

「帰ってきたよ〜♪」


と小走りに駆け寄り覗くと、



ぎゃーー!!本体じゃない!!

見事に気候に振り回されてました。


そして後ろを振り向くと



シュババ!残像拳を操るように。

いくらか身軽になったのかしら。


まだしばらく暑そうだぞー。

がんばれー。


ニコタマゴロウの物欲日誌

お久しぶりです!

ニコタマです!


つい最近、SNSで素敵な作家に出会いました。


モーリーン・ギャレス。

アメリカの油絵の作家、らしい。

NYを代表する美術館の一つMOMAの別棟ギャラリーでは、

若手作家として扱われるほど、

海の向こうではすでに評価されている方のよう・・。


まっしろな展示空間にちょこんと配置されながら

しっかり存在感を放つ姿がかわいらしくて、


実物をみたい・・・・!!!!!


と思ったのでした。


調べてみると日本で扱ってるのは六本木のギャラリーただ一つ。

それでも探せば見つかるんだから東京ってすごいです。


その週末に早速訪ねてみました。

今は違う作家の個展を開催中も、

ギャラリーの方は親切に対応してくださり。ありがたや。


ぜひモーリーンの展示をまた日本でしてくださいよと

思いの丈をぶつけたところ、


「一枚ピーーー00万くらいするからねえ」


なんと。


すでにもはや手の届かないところに。


あわよくば欲しいとまで思った私。


現実は甘くないのでした。



カレンダー
2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728