2014年6月 のアーカイブ

ゴロウニコタマの営業日誌

行きつけの整体師から忠告を受けました。

骨盤が歪んでいる!と。

重たい荷物を斜めがけとかトートバックで

片方の肩に比重が掛かるのがイカンらしいです。

はっは~。たしかに心当たりあり。

打ち合わせのお土産に書類の山を持ち帰ることが

多いからなーなんてのはカッコつけすぎですが、

かばんの中には必要以上のものを詰め込んで

バッグをぎゅうぎゅうにしている私です。

荷物、減らせばいいんですけどね。
いや、なかなか難しいんです!

何せ書類がさ!(←)

そんなことでわたくし、

先日より体に負担のないバッグ(おばあちゃんみたい)、

リュックを仕事用に購入ー!

容量があり、

ビジネス仕様かつ現場に持ち込んでも違和感のないものを探し、

某アウトドアブランドにたどり着いたのです。

アウトドアブランド‥
かなり持ち慣れない笑


ようやく馴染みの姿となってきましたが、

長いこと「似合わない、登山、珍しい」の連続!

しかし楽です!体が軽い!
体重の偏りがないので、歩きやすい!

見た目はイマイチらしいけど、これはいいものを見つけました~

さらに。やはり勝手が良いのか、現場でかなり被る事案が報告されてます!
おそろい~なんて言いながらケラケラ笑ってます。

皆さまもぜひ。
ってねー。

「飛び切り美味い、焼き肉屋へ行ってきた」の巻、後編。


メニューが出てきた。

特徴は商品名がカルビ、ロース等の俗称ではなく、

見慣れない部位で表記してあることだ。

よくわからないので、マッコリと特選の盛りを依頼すると、

頼り無さげに見えたのだろう。

女将さんが牛のグラフィックを持って説明に来てくれた。

それによると、先ほどの特選盛りは、

サーロイン、肩芯、芯芯、内ヒラ、とのことであった。


肉が運ばれてきた。(写真は文末)

オっと!。これは凄い。

肉は奇麗に並べられていた。とても丁寧な仕事がしてある。

この肉をひこ棒がハサミでちょん切って焼いてくれる。

ひこ棒のにくい処は、微妙に私の方を大きく切ってくれることだ。

先ずは私のを焼いてから、自分のは隅っこで焼く。

この娘はホントに細かな神経を持ち合わせている。

よい嫁になると思った。

そして彼女を育てたご両親と家庭が垣間みれた気がした。


素敵なお店だ。

あの後も、刺身、たん塩、ざぶとん、冷麺を腹に入れると、

終了時間がきて、一件落着となった。

とても美味しかった。

この店を選んでよかった。

そして何よりよかったのは、ひこ棒が満足してくれたことだ。

女将さんにその辺りのお礼を言うと、名刺をくれた。

名刺みて驚いた。女将さんの名字は、

私が四五年前の青春時代に付き合っていた女性と同姓であった。


払いを済ませて外に出ると、街は酔客が肩を組んで歩いている。

そして見上げた空は、星が奇麗な夜だった…。

ちょっとロマンチックな気分になった。

隣を見ると、ひこ棒の顔が、四五年前の彼女の顔に見えた。

いやはや、いささか酔ってしまった。


お仕舞い。


2014年06月29日(日)。

吉右衛門。


オマケ、

写真上、特選盛り。

写真下、たん塩。

このたん塩はスチレンボード二枚分の厚さがあった。

お店の名称、写真の掲出は許諾済みです。


























「飛び切り美味い、焼き肉屋へ行ってきた」の巻、中編。


店の名前は、「肉の鈴木」。

店は東京メトロの浅草駅から、徒歩で十分強の位置にある。

この日の私たちの予約時間は、十八時~二十時。

それがわかっていながら駅に着いたのは、予約の十分前だった。

頑張って歩けば間に合うかもしれないが、折角の浅草。

早足で歩くのは野暮というものだ。


浅草の街を歩くのは楽しい。

雷門、仲見世、浅草寺…。数ある名所を抜けていく。

ひこ棒も楽しいらしい。持ち前の笑顔が、さらに微笑んでいる。

言ってくれれば、何か買ってやりだいが、

それを強請るような娘ではない。

言問通りに出た。

目的地は通りを挟んだ向こう側にあるが、

ここ迄くると、街の風情がかわる。

どことなく玄人っぽい。芸姑さんでも歩いてそうな雰囲気だ。

いつか女房でも連れて来てやれればよいが…。


店に着いた。独特の入口だった。

入店すると我々の予約席には、すでに火を入れてくれていた。

この意外な展開に、確信犯的に遅刻したことを悔いる。

座敷に通されると、そこは掘り火燵のような席だった。

振り返るとひこ棒が、私の靴を揃えてくれている。

ありがとう…。思わず口に出る、私。


後編へ続く。


「飛び切り美味い、焼き肉屋へ行ってきた」の巻。前編。


浅草に飛び切り美味い焼き肉屋があるという。

私が行く浅草の焼き肉屋といえば、T店とK店。

どちらも高レベルの店だが、こちらの店も両店に負けず劣らず、

可成りのレベルらしい。

そんな噂を聞きつけ、最近、少女からお姉さんに脱皮しつつある、

飛行機雲(以下の表記は、ひこ棒)を連れて行ってきた。


話は脱線するが、実は私。

今春、二つのよいことがあった。

三十年来悩まされてきた、花粉症が突然治った。

二十年来悩まされてきた、脂肪肝も検診で指摘を受けなかった。

どちらも一生付いて回る不治の病と思って諦めていた。

それが取り分け節制したわけでもないのに、

本人の気づかないうちに完治していた。

一体、何がおきたのだろう…。

胸に手をやって考えてみると、思い当たることがあった。

それは焼き肉であった。

昨年、新たにみつけたK店へ、晩春から初秋に掛けての半年間、

隔週のように通っていた。

これは吉右衛門の私説だが、カルビとタン塩と大蒜の連合軍が、

花粉症と脂肪肝との壮絶なる闘いを制し、これらの悪を駆逐してくれたのだと思う。


閑話休題。

この店へ出向くのはいいが、ひとりで行くのは寂しい。

では、だれを連れていくか…。

筋からいうと、二コタマゴロウだが、残念なことに彼女。

歌は唄うが酒は呑まない。それに草食主義者でもある。

そこで浮かんだのが、ひこ棒だった。

彼女は大飯喰らいではないがそこそこ食べるし、

マッコリの愛飲者でもある。

それに私が酔ってふらッとなっても優しいし、小顔でもある。

決めた決めた、ひこ棒を連れて行こう。


続く。


2014年06月25日(水)。

吉右衛門。


次回予告。

分厚いタン塩を頬張る、飛行機雲。










満腹放浪記《第三章》

白鳥ダンクでございます。


雨の日がずっと続いていましたが、

最近は天気が良い日も多く、夏が近づいているのが分かりますね〜。

ダンクは汗っかきなので、暑い夏がちょっぴり苦手であります。


はてさて、今回は四川料理のお店をご紹介いたします!!

こちらのお店は日本橋にあります、コレド室町の中にございます。

ちなみに、ダンクはもう二回も吉右衛門様に連れてって頂いております*

それほど大好きなお店なのです。

こちらのお勧めは、なんといっても麻婆豆腐です!!


見た目は少し辛そうですが、一口食べると、

山椒のパンチ・香りが口の中いっぱいに広がります。

ピリッと感がほんと絶妙で、とても癖になる味なのです。

もう、ご飯が進む進む!笑

口当たりの良い豆腐とネギの触感も抜群!

ご飯に合わない訳のない、間違いない美味しさです。


辛味が少し強いですが、後に旨味の残る絶品麻婆豆腐です。

食べ終わったあとは、なんだか体もポカポカしますよ(笑)


デザートに頂いた、杏仁豆腐もとても美味しかったです*

麻婆豆腐の刺激で、ちょっぴりヒリヒリしている口の中を、

あっさり、尚かつコクのある甘さで、まろやかに癒してくれます。


二回目に来店させて頂いた時に食べた、

海老の唐辛子炒めも、海老がぷりっぷりでとても美味しかったです!

お店の方々も、混雑の中、とても親切に接客して下さり、

何度でも行きたくなるお店です。


お腹いっぱい。

夏になると、辛いものが食べたくなりますね〜!

いつもいつもありがとうございます。

麻婆豆腐を食べると、いつも汗だくになるダンクなのでした*



カレンダー
2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930