2018年8月 のアーカイブ

夏!青!応援!

こんにちは、テレサです。

寒くなったと思ったらまだまだ暑い日が続きますね(⌒-⌒; )

今回もまるの写真から!



\お中元で~す/



よく見えない人のために、


( ̄ェ ̄)





さて、今回は何を書こうかしらとカメラロールを遡っておりますが、

「お!これいいじゃん。」と思っても物忘れがひどいもので

そのときのフレッシュな感情が思い出せない…( ;´Д`)ひー



8月頭、暑い夏の日の夕方17時。

池袋線で揺られること約1時間、1Lポカリと500mlの麦茶を持って向かった先は




そう、西武球場前です!


西武ファンの友達に連れられ、今年2回目のメットライフドームです。

この日はナイターを観戦しに行きました。

弁当を屋台で買い、入り口に向かうとものすごい人の多さ…!!

この日は観客にシーズンユニフォームが配られる日だったそうで、

私は初ユニフォームにうきうきでした^_^


中に入ると当然ながら、風は吹かないし暑さはこもるし、

こんな中で試合をしている選手はすごい気力と体力だと感じました。


試合が始まったもののなかなか点が入らず、でも相手からは点が入り…

どうなっちゃうの!とひやひやそわそわドキドキの展開。

回が回るにつれて応援歌もだんだん覚え、

私もフラッグを振り、声を絞り必死に応援していました!


すると、後半8回裏、窮地の状況からようやくホームラン!

この状況でよく打ってくれた!!

隣の人と思わずハイタッチしてしまいました!







結果はあいにく負けてしまいましたが、

応援の楽しさと勝ってほしい!と手に汗を握る感覚はクセになりそうです(^∇^)

メロンパンさんと応援しているチームは違いますが、応援の楽しさはすごくわかります!

また試合に行って応援しようと誓ったテレサでした。



今度は記憶が新しいうちにブログを書きます(⌒-⌒; )

青森はいいところです

暑さにやられているナウです。

お盆の時期に夏休みを頂きまして
実家の青森に帰省しておりました。

実は出発する日、台風が関東に大接近しており
新幹線が動くかどうか心配だったのですが
何事もなかったかのように、発進してくれました(ホッ)

夜23時頃青森に到着したのですが
新青森駅に降りたとたん、空気が冷たい!!!
東京の湿気とかそういうの全部無い!!
すごい!青森ってこんなに素敵な場所だったんだね…
と、帰省するたびに思います。

次の日、家族でどこかに行こう!となり
鶴田町にあります、「鶴の舞橋」に決定〜!

鶴の舞橋とは・・・・!!!

鶴の舞橋は平成6年7月8日、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に、
日本一長い三連太鼓橋「鶴の舞橋」として架けられました。
全長300メートルもの三連太鼓橋はぬくもりを感じさせるような優しいアーチをしており、
鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルとして、多くの人々に愛されています。

と、紹介されております。

あまりいい写真が撮れてませんでした。。

鶴の舞橋を歩いて行くと、「丹頂鶴自然公園」という看板が。

かつて青森県鶴田町には数多くの鶴が飛来したそうです。
平成4年(1992年)に「生きた丹頂鶴誘致」の声が高まり、
平成5年に中国黒龍江省より2羽を譲り受け、
平成9年にはロシア連邦アムール州よりつがいを譲り受け飼育されているとのこと。

なかなか窮屈な場所におりましたが。。。
住心地は大丈夫なのか、心配になりました。

こうして間近で鶴を見るのは初めてでした。
なかなか貴重な体験が出来ました。

そんなこんなで今回の帰省では
いろいろな場所に行き、美味しい海の幸を頂き
久しぶりの家族団らんを楽しみました。

そういえば新青森駅にはこんなねぶたがありました。

青森出身の有名人ですね。

また年末に地元に帰るのが楽しみです。

以上、青森の夏を満喫したナウでした。

満腹放浪記《第三十二章》


白鳥ダンクでございます。


ちょうど昨日まで、夏期休暇をいただいておりました!

約一週間ぶりに出勤したのですが、

不思議と久しぶり感がないものですね。笑


ダンクはとくに遠出はせず、ふらっと実家に顔を出したり、

学生時代の友人に会ったりと、いつも通りの休日を過ごしてました。

スタッフの皆んなから、たくさん旅先のお土産をいただきましたので

皆さん、さぞかし楽しいお盆休みを過ごしたことでしょう♪






はてさて、今回紹介させていただきますのは、

制作メンバーで良くランチへ足を運ぶ

ちょっと変わったインドカレー屋さんを紹介します◎



こちらのお店は、インドカレーはもちろんですが、

他のお店と違って、珍しいインド料理が数たくさんあるのです!



いつもランチでは、お手軽なインドカレーセットを頼むのですが、

(焼きたてのナンが食べ放題なのです・・!)

カレー以外のものを是非食べてみたい!と話題になり

今回は、制作メンバーで暑気払いとして

夜にこちらのお店へ行ってみました!^^






じゃーん!まずはカレーチャーハン!

しっとりとしたチャーハンに、

キーマカレーがかかっている感じですね!

これが、また美味しい☆そして合う☆

チャーハンだけ食べても美味しいですし、

キーマカレーの辛さもとてもマイルドで

日本人向けに作られた感じで食べやすいです!

小さい子も美味しく食べれそう♪






続いては、チキンビリヤニ!

私はここのお店で、初めてこの料理を知りました・・!

ビリヤニはチャーハンと違って、パラパラっしたご飯の上に、

柔らかいチキンと、フライドオニオンとゆで卵がのってます*

食べてみると、辛さのスパイス感よりは独特な酸味が強い感じで、

とてもくせになる味付けです!





もちろん、カレーもいただきました〜*

ナンはチーズたっぷりの、チーズナンで!

チーズナンって、どうしてこんなに美味しいのでしょうね・・!

この美味しさは罪ですね!笑



店員さんもとてもフレンドリーの方ばかりで

サービスもたくさんしてもらいました^^

4人ですっごいお腹いっぱいになったのに、

お値段もお手頃でありがい限りですね〜☆

絶対また来ようね!と笑顔で皆んなでお店を後にしました♪



今年の夏は、いつもの夏よりも暑い気が・・・

てか、暑いですよね!!

ダンクは、毎朝、家から最寄り駅に行くまでの間に

汗だくでございます。。

(電車の中でいつも恥ずかしい・・)


暑いのが苦手!なんて言ってる割に

日中に外を走ったりしてるので、誰よりも真っ黒です。笑

周りの方から、夏の暑い時期に走っておくと

秋の涼しい時期はとても走りやすいよ〜と聞きまして。。

てか、その前に暑すぎて全然走れないですけどね!!!



今年の夏こそ日焼けしないぞ!と心に決めるのに

毎年いつも真っ黒なるダンクなのでした。


ニコタマゴロウのおっととっと!日誌

夏だぜ!


さて、8月10日金曜です。


明日からラピス・ラズリは夏季休業に入ります。


再度お目にかかるのは8月16日。



良き夏を、お過ごしください。


メロンパンの振り返り旅行記


べたべたと暑い日が続きますね!

満員電車で毎朝死にかけているメロンパンです。



吉右衛門さまの旅行記を読んでいたら、

私の旅に出たい欲がピークに達しました。


しかし特別この夏もそんな予定は無く。

せいぜい帰省で地元の静岡県に帰るくらいです。


なので、今年の春に訪れた軽井沢の事でも振り返ろうかと・・・。

この蒸し風呂のような東京で軽井沢の事を思い返し、

少しでも涼やかな気持ちになろうという魂胆です。





大学生の時、私は初めてスノーボード、

いわゆるスノボというものを経験しました。

そもそも大学生でゲレンデデビューは遅いのでしょうか・・・!


ただただ楽しかった記憶がありまして、

ふと、スノボがしたい!と思い立ち、勢いでウェアまで揃えてしまいました。

(ピンク色です)



ウェアやゴーグル、手袋まで揃えてしまったからには、

ゲレンデへ行かねば・・・ということで、

初心者に優しそう+観光も楽しめそうな、軽井沢に行ってまいりました。





うん年振りのゲレンデ!!!

静岡県では滅多に雪は積もりませんし、

東京でもそうそう雪景色が続くことはないので、

ゲレンデに着いただけで大変ハイテンションになれました。笑


久しぶりのリフト乗降、緊張感しか無く、

案の定、上手く乗り降りできず。


ウィンタースポーツをやられる方にはばっちり通じるかと思いますが、

初心者はまずこのリフトの乗り降りに苦労するのです。

・・・・し、しますよね?



上手く滑れず、すったもんだしている私の隣を颯爽と滑っていく子供達・・・。

ああ、私も雪国で生まれていればなあ・・・・と恨めしくなりました。

(そういう問題ではない気もしますが)



そんなこんなで、相当なブランクと運動不足が

高い壁となり立ちふさがっていましたが、

だんだんと感覚を掴み滑り始めると、あまりの爽快感に自然と笑顔に。


浅間山を眺めながら、何度も山を往復し、

気づけば辺りは夕暮れ。

体の痛みや疲れも忘れて、朝9時から夕方17時まで、

しっかりとスノボを満喫致しました。



なんだか長くなってしまいそうなので、

今回はこの辺りで切り上げさせて頂こうかと思います!


次回もゆるく軽井沢の思い出を書こうと思いますので、

よろしければお付合いくださいませ。












カレンダー
2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031