ひこうき雲のシネマメモ(^28^)


今回紹介するのは、手塚治虫原作の漫画、

「メトロポリス」を再構築したアニメーション化した映画です。


製作されたのは2001年。

手塚治虫さんが亡くなってから12年後に作られた映画で

キャラクターはあの愛らしい手塚フォルム、

背景は3DCGを用いた、一風変わった作りをしている作品です。


一言でいうと「人間VS人造ロボット」というようなSF映画です。

感情を持つロボットをつくれるようになった人類と、

その先にある悲しみというテーマで原作が書かれ

本作はその悲しみを充分に描ききった作品だと思います。


メトロポリスは、人とロボットの共存都市と言われていましたが

実際はロボット達が人間に酷使されており、

またロボットに仕事を奪われた労働者達も

都市の地下へと追いやられ、憎悪の念を抱いていました。


一方で、ロボットに人間と同等の権利を認めるよう声をあげる団体が現れたり

大統領レベルの上層部でも様々な問題を抱えており、

都市内ではあらゆる確執が蔓延っている状態でした。


そんな混沌とした中で、主人公ケンイチと

人造人間である美しい少女ティマが出会います。


ティマは初め、自分がケンイチと同じ人間だと信じていますが

物語が進むにつれ、自分が世界を破滅させるためにつくられた

アンドロイドだったということに気づかされます。


周囲から「人間」また「アンドロイド」の両方として扱われ、

困惑していく彼女は、自分は一体何者なのか?

ということを延々と問い続けます。


この物語の最後は、ハッピーエンドとは程遠い

非常に現実的で救いのない、残酷なエンドです。


な、だけにストーリーの世間評価は

あまり芳しくないかもしれませんが

個人的にはこれがあるべき姿だろうなという感想です。


私はこの映画を、

たまたま真夜中に地上波上映しているのを見て瞬時に録画、

そのまま最後まで見切ったのですが

エンドロールが終わった後のほんの一瞬のラストシーンに

心奪われて、泣きました。(;”;)


崩壊した都市の地下、壊れたラジオが突如動き出し

無機質なティマの声で「わたしはだれ?」と囁くのです。


当初、カットされるか迷われたシーンだそうですが

これがないとこの映画は完結しなかったと思います・・・。


ケンイチと過ごしたあたたかな時間を全て忘れてしまった

核心をついた恐ろしい質問。


この悲しい問いかけを最後のカットに持ってきたことに

とても大きな意味があるように思えます。




-『メトロポリス』★★★★★


手塚漫画は幼い頃から好きでしたが、

改めて今、また火の鳥やアドルフに告ぐを読んでみたいなあ。

きっと哲学的な感銘をより受けるのでしょうね。

昔は、あのまあるい線が可愛くて読んでいたので・・・。


メロンパンと近所のカフェ


こんにちは!

最近めっきり春めいてきて、

夜のぬるい空気にはしゃいでいるメロンパンです。


あの、春が近づくと夜がぬるい気温になるのがたまりません。

もうすぐ春!わくわく!という感じです!



春が近づいてきて、

晴れた日の日中であれば、お散歩するのも楽しくなってきました。


メロンパンは上京してから3回お引越しをしておりまして、

現在は4つ目の街に住んでおります。


冒険しない性格というか、

ただ単に出不精なだけなのですが、

今までは、新しい街にやってきても

周辺の公園やお店を巡ることがあまりなく。


でもそれじゃあ勿体ない!と思い、

ここ最近は、近所の定食屋さんでご飯を食べたり、

駅前の公園を歩いてみたり、

夜になれば個人経営の居酒屋でお酒を飲んだりするようにしております。


地元の方とお話しする機会があったり、

こんな美味しいお店あったのか・・・!と、

新しい発見があったりで楽しいです。

もっと早く探検してれば良かった。



先日、遅く起きた日曜日に、

どこかランチをやっているお店は無いかな・・・?と

探検してまいりました。


家から徒歩10分ほどの場所に

落ち着いた佇まいのカフェを見つけ、

外の看板に「手作りクレープ」の文字を見て

即入店。

(ランチは?)


個人経営の可愛らしいカフェで、

静かにクラシックが流れておりました。


実家がパン屋を営んでいるため、

個人経営のお店の方に行きたくなる女です。



メニュー表を見て、

まずランチをしに来たことを思い出し、

ホットサンドとカフェオレを注文。





アボガドと何かが挟まっているものを見たら

それに決めてしまう女です。


カフェラテも美味しかった・・・!


食器に統一感があるのって大事ですよね。

カフェやレストランを訪れる時、

何気に気にしてしまいます。



ゆったりとしたランチを過ごし、

お店を出ようとした時!





ドーーーン!!!



なんと超有名ロボットのお二人(?)が。


こんなに存在感があるのに、

なぜかオシャレなカフェの空間に溶け込んでいて

気づきませんでした。笑


比較対象がなくて辛いのですが、

かなり大きかったです!

実物大なのかな・・・?



旧型さんのこのどっしり感大好きです。

小さい頃、家に居てほしいと憧れました・・・。


新型ちゃんが小さい椅子に乗っているのも可愛い。



店内をよく見渡すと、

この映画のファンブックなるものがあったり、

小さなフィギュアが並んでいたり・・・

個人経営ならではの、

店主の趣味が伺えるのってなんだか楽しいですよね。


これをきっかけにお店の方と

お話しできるかもしれないし。



お店の方に撮影させていただき、

ほっこり気分で家に帰ったメロンパンでした。






今週は休載です


各位

今回は本年一月に出張をした庄内平野のことを記事にするつもりでマウスを進めて参りましたが、どうにも不細工に仕上がってしまい可なりの推敲が必要です。

で、次回までに必ず仕上げますので、今回は休載とさせて戴きます。

皆さんは多忙の中でも頑張って更新してくださる中で、誠に申し訳ありません。

ごめんなさいです。


平成30年3月4日

吉右衛門。







すごく好きな漫画のお話(こんなブログでごめんなさい笑)

こんにちは!テレサです。

みなさんのコメントに「体調には気を付けていきたいですね!」

なんて言っていたにもかかわらず、

私が見事にインフルエンザになりました…泣

まだまだ流行っているそうなので、みなさん注意してくださいね。


今月はいろんなことがありました。

舞台を見に行き、小劇場を見に行き、映画を見に行き…

こうして見てみるとなんだか文化的活動って感じですね。笑

今月は1週間インフルエンザで出費がなかったこともあり

ガイドブックにグッズ、サウンドトラック…

色んなものを衝動買いしました( ^ω^ )


観に行った舞台は、私の大好きな某高校野球漫画を舞台化したものです。

この漫画、すごく好きなので簡単なあらすじを書きますね。



主人公は中学生時代に祖父の経営する中高一貫校の野球部に所属していました。

「経営者の孫だから」という監督のひいきで投手をやっている、

そんな理由でチームメイトから段々いじめられるようになり、

試合も負け続きになってしまいます。

彼はそれでも中学三年間、投手の座を譲らずに過ごしますが、

いじめを受け続けた主人公は自信がどんどんなくなり、高校は転校することに。


転校した高校先の部活紹介を迷いながら

「もう野球はやめよう…」「投手ができないなら野球部に入っても意味がない」

と思いつつもグラウンドに足を運ぶと

女監督に肩を掴まれ無理やりグラウンドの中へ連れられてしまいます。


そこにいたのは、まだ一年生だけの9人の男子生徒達と顧問の先生らしき人。

そう、主人公が連れられてきたのは

今年から新設したばかりの硬式野球部だったのです。

野球経験者で投手だったのは幸いにも主人公のみ。

「ここならもう一度投手ができるかも」

と一瞬頭をよぎりますが、やっぱり入部はやめようと心が揺らぎ

泣き出してしまいます。


周りにいた男子生徒達は突然泣き出した主人公に動揺しながらも、

入部をやめる理由を聞くと

「経営者の孫で、ひいきで投手にしてもらっているとわかっていながら、

中学三年間マウンド(投手が投げる場所のこと)を譲らなかった

嫌な奴だから…」

と細々と話しました。


そこへ、捕手経験のある一人が

「とりあえず、いまここで投げてみなよ」

とボールを渡し、主人公も

「一回投げたら、もう終わりにしよう」

と意を決して投げてみることに。


「こんなに卑屈で面倒臭そうな投手なら、

わざわざ引き止めなくてもいいのかも…」

と思いながらミットを構えると

思いの外面白い球が飛んでくることに気がつきます。


実はこの主人公は投げることが誰よりも大好きで、

誰よりも投球の練習をした結果、

ストライクゾーンが9分割、球種を4種持っているという

天才的なコントロールセンスを身につけた投手になったのです。


捕手は弱音を吐き続ける主人公に対し

ある言葉を投げて野球部にとどまらせます。


「俺がお前を本当のエースにしてやる。ただし、俺のサインには首を振るな。

サインに首を振る投手は大嫌いなんだ。」


(※捕手が投手に「こういう球種でこういう位置に投げてね~」ってサインを送り

投手はそれに対して「わかったよー」というときは頷き。

「それは投げたくないよー」というときは首振り、拒否をします。)



野球未経験者でルールも全然わからない私でも

漫画を読んでいくうちに、なんとなくこんな感じか!

とわかるようになりました。


ここから高校生たちの成長していく姿が魅力的で、

ピッチャーにしろバッターにしろ相手選手にしろ

一球一球に対する心理描写がすっごく繊細に描かれています。

私はこの漫画の主人公がとても好きで…

というのも他の漫画にあるような強気な投手ではなく

超のつくほど弱気で自信がない投手なのがまた共感をしてしまいます。笑


いろんな漫画を読んでいますが、

この漫画ほどどハマりした漫画はなく、漫画とアニメを見すぎて

シーンや台詞を熱弁してたらドン引きされました。

皆さんもはまっているものがあったら…気をつけてください(^_^;)

(えっ締めそれ!?)


青森に帰省した時のこと

1月の話になりますが

実家の青森に帰っておりまして

それはそれはまったり過ごしていたのですが

ある日突然白鳥が見たくなり、

青森県平内市は浅所海岸へと向かいました。


海岸近くの駐車場に車を停めたら

すぐに聴こえてきました。

白鳥の鳴き声が!


クエー!クエー!


結構居る。



地元の人たちが餌をあげているのですが

白鳥たちは人間が餌をくれるとわかっているので

よく群がってきます。


餌が無いとわかると、すぐに別の人のところへ

スイーと移動していきます。



↑餌を持っている人の方へ移動する白鳥たち



よく見るとカモメやカモらしきもたくさん居ます。


すると何が始まるかというと

餌の争奪戦がスタートします。


カモメは俊敏なので、白鳥はよく餌を奪われていました。

かわいそう…。


私は今回餌を持って行きませんでしたが

子供のころはパンの耳や、湿気たかっぱえびせんをあげていた記憶があります。


ところで白鳥って雪国に飛来するものだと思っていましたが

調べてみたら関東にも来るんですね!

千葉にある「白鳥の郷」は、白鳥飛来数1000羽以上!

来年は千葉で見てみようかしら。


***


ところ変わって

青森駅前の「A-FACTORY」前。



地元の子供たちが作った小さなねぶたが飾られていました。



雪の中、ほんのり光る可愛いねぶた。


外はめちゃめちゃ寒かったですけど

心はじんわり。



青森っていいな〜!

カレンダー
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930