故郷の青森

こんにちは!

ナウナウです。


毎年お盆の時期には故郷の青森に帰る私ですが

今年は早めにお休みを頂きまして

青森ねぶた祭りを見ることができました!


全国から観光客が訪れるので

普段は静かな街が異様な盛り上がりを見せます






この日は最高気温が25度で

夜は海からの風が吹き

長袖を羽織らないと寒いくらいでしたが

迫力のあるねぶたと、跳人(はねと)の熱気で

気がついたら寒さも吹き飛んでました(^_^)


小さい頃は家族揃って跳人として祭りに参加してました。

そんな思い出も蘇り、とても素敵な夜となりました!


祭りが終わってしばらくすると

大賞に輝いたねぶたは、ワラッセというねぶたを展示している施設に運ばれます。


その際に、2016年の大賞ねぶたや、

惜しくも賞を取れなかったねぶた達は

解体されてしまいます。


その解体現場に行くと、、、

ボロボロのねぶた達が、、、。

仕方がないですが、なんとも言えない気持ちになります。


そんなねぶた達の材料である和紙を

地元の人たちが剥がしているではありませんか!

解体されるねぶたを再利用して

しおりなどを作るそうなのです。


私も少し貰って、こんなものを作ってみました。




ポチ袋です!


ねぶたを最後まで楽しむことができました!


また来年も見れたらいいな(^_^)




コメント / トラックバック3件

  • hikoukigumo:

    オオー!
    幼少に見に行ったことは覚えているのですが、
    眠かったのと妹のギャン泣きで記憶がない(;;)

    ぽち袋可愛いです〜!!さすがー!器用ですね!
    あんなに沢山のねぶたは確かに、ずっとは保管できませんものね。
    素敵な再利用に感動しました。

  • メロンパン:

    ねぶた!
    私の見てみたいものの一つです!

    そもそも青森県出身のお知り合いは
    なうなうさんだけなので、
    こういうお話はとっても新鮮でワクワクです!

    なうなうさんが昔は跳人だったとは!
    なんて格好良い響きなんでしょうか。
    そしてお祭り衣装のチビなうなうさんを想像して
    勝手に微笑ましい気持ちになりました。

    そして思い出をチャチャッと形にしてしまう大人なうなうさん。
    素敵すぎます。オシャレすぎます。

  • 白鳥ダンク:

    「2016年の大賞ねぶたや、
    惜しくも賞を取れなかったねぶた達は
    解体されてしまいます。」

    我々の仕事となんだか似ていますね。

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2017年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930