投稿者のアーカイブ

思わず買ってしまったもの。


東京はまだ寒い日が続いているのでしょうか・・?
こちら、ミュンヘンは1.2週間前から春の気配を感じて

先週末には、テンションが上がって外でバーベキューしてしまいました。笑。


昨年に住んでいたベルリンなんて、

この時期-15度だった事を思い出すと本当に救われてます。


そして本日は、たまたま本屋さんで見つけたある絵本についてです。













ドイツ語でALLES=全部

という意味なのですが、

ちょっと目に飛び込んできたので

パラパラめくると。。


作家さんの旅行をもとに各地(世界中)での印象を

イラストにちょっとしたテキストを添えて

グラフィカルにまとめられてて素敵だな〜と。

「ウォーリーを探せ!」みたいにずっと見てられる感じ。










とページをめくり続けると、出てきました

TOKYO!













渋谷のスクランブル交差点。大量の自動販売機。大量のコンビニエンストア。

世界に誇るKAWAIIキャラクターの数々。めちゃうまラーメン!

なんだかほっこりした気分になったので、思わずレジに・・


いつも外国の人から日本の話をされると「はっ」とされると同時に

「あっ」それって普通(良くも悪くも)じゃないのね。。。と思わされたり。

何年経っても面白いです。


オーストラリア出身の方が書かれているようでした。

気になった方はこちらからどうぞ :-D

https://www.marcmartin.com


たまには文化的な記事を・・

マイナス気温が日々続く中、

ちょっと食べ過ぎてまずい気がしているので、

気を紛らわせるためにも食についてはさておき、

本日はドイツのある博物館をご紹介しようと思います。


ミュンヘン市内にあるドイツ博物館です。


Deutsches Museum

http://www.deutsches-museum.de


本当は美術館に行きたかったのですが、
夫(美術館は基本的につまらないと思っている)に車で送ってもらうため、

向こうの意向も受け入れねばならず。。
博物館に…。


ざっくり言うと上野の国立科学博物館のような所でしょうか。

長い間私も博物館は訪れていなかったので、ちょっとワクワクしつつ。


もちろん1日で見切ることが不可能なのは想定出来たので、
陶器・紙・ガラスコーナーと

宇宙・コンピューターマテリアルコーナーの二つに絞ることに。


先ずはマテリアルコーナー見学(夫の解説付き)
下の写真は「ケイ素」だそうです。

とても重要な素材らしく、

15分くらいずっと熱弁をふるってましたねー













が。。

だんだんと疲れてくる私。。

周りを見渡したところ。

明らかに体育会系ではない理系男子達しかいないのでは…。


でも、そこでとてもいいな。と思った光景がありまして。

やたら男の子と父親の二人組パターンが多く。

お父さんがとても熱心に楽しそうに子供に

展示物を見ながら説明してあげてる事。

思い出す私の幼少期は、基本的にハードなアウトドアばっかりだったので

こういった経験が少なく。世の中のお父さんイメージに変化あり。


といった感じで、前半戦終了。


休憩もなしに続いては宇宙コーナー。

(ここは暗闇に展示されているので、自動的に眠くなる始末…。)

の次に迷い込んだのは、ドイツのおもちゃコーナー。

ここで、ドイツ人の気質を垣間見ることになるのですが、

いつかピックアップして投稿できればと思います!

大変興味深かったです。


そんなこんなで自分が見たかった陶器・紙コーナーに着く頃には

もう体力ほぼほぼ残っておらず。。

流し見する事しかできない状態。涙。


まだ閉館まで時間は残っていたのですが、

悔しいですが、これ以上見ても頭に全然入って来ないので帰りました。


博物館・美術館って基本的に大きいですし、

結構歩かなきゃいけませんし、
かつキャプション読んだり解説読んだりしながら、

作品や展示物を鑑賞するという。

頭のキャパも肉体的なキャパも合わせて

体力勝負だよなぁ。

と改めて感じさせられた休日でした。


でも、自分にとって新しい発見や美しいものが見れたりして

たまにの刺激やリフレッシュにはもってこいの場所だと思います :-D




クリスマスマーケット -ドイツ編(写真不足)

本日28日は仕事納めの日ですね!
皆さま本当に一年間お疲れ様でした!!


所変わってドイツはクリスマスが日本のお正月のようなもので、
家族が集まってプレゼント交換したり(これ探すのも一苦労 :roll: )、
一緒にご飯やケーキを食べながらダラダラ過ごすのがスタンダードな様子。

しかも24日がクリスマスイブで25日と26日と二日間がクリスマスです。
まぁ夫のご両親お兄さん家族とずっと過ごすので、多少疲れますけど。。笑。

異国の地でありがたい事ですね。。。

とイベントが終了して、ほっと一息ついている所です。


で、前回クリスマスマーケットをレポートします!
と意気揚々、宣言していたのですが、
色々とタイミングが合わずに写真が全然取れておらず。
コメントも頂いていたのに、申し訳ありません。反省(汗)


クリスマスマーケットは11月の終わりからクリスマスまで約1ヶ月間、

町の広場などいたるところで、開かれています。


今年は・・・

1回目。
ミュンヘンのクリスマスマーケット。
家族用のクリスマスプレゼント探しで、疲労困憊。

全く楽しめず。


2回目。

地元の小さな町のクリスマスマーケット。
友人夫妻と一緒に出かけて、
会話に夢中になって写真撮れず。


3回目。

クリスマスの日。ベルリンにて。
朝早すぎて、開いていない・・・。


とおそらく記憶しているだけで、

3回はクリスマスマーケットに遭遇したのですが

いつもなんかに気を取られていた今年。


ベルリンのクリスマスマーケット(早朝)

天気悪い&オープン前













オーナメントは可愛いですが、これ一個2000円って。。。


自宅には20年ぶり?くらいにツリーを置いてみました。

と言っても、この小さなモミの木は近くの森からご拝借し、
手作りオーナメントは地元のクリスマスマーケットで売ってたのを激安で購入。

ちょっと日本の伝統工芸的な雰囲気もあって気に入ってます。

ちなみに我が家では盆栽ツリーと名付けられました。笑。













といった感じで、あっという間の2018年が終わりそうです。
日本にいた時は今からやっと、お正月だ〜〜
お餅だ。福袋だ。おせちだ。お酒だ〜〜と寝正月を夢見たりしてたような。

温泉とか行って、日頃を疲れを癒しつつ、一年を振り返り
除夜の鐘が鳴る。みたいな。。。(遠い目)


こちらは、また少々違って、大晦日は家族じゃなく
友人達が集まってパーティーしたり。
外では、爆竹や花火をみんながガンガン打ち上げて、

なんだか新しい年を穏やかに迎えるというよりは、
激しく祝う感じでして、。。文化の違いですね。


と言いつつも、

年越しソバとお餅は外せない!と決意した今日この頃です。


どうぞ皆さまもゆっくりと休まれて

暖かな良いお年をお迎えくださいませ :-D


最後になりましたが、

今年も沢山の方々に助けれられてお仕事が出来ました。
どうぞ来年も何卒宜しくお願い申し上げます。


ドイツの台所事情


食レポを読んでると、
日本が恋しくてしょうがなくなったりしておりますが…。
こちらは先日、初雪からの積雪。
完全に冬入りした模様です。

おでん屋のオデン…。と日本酒とか!!!!涙。










ご存知の方も多いかもしれませんが、ドイツは一応環境大国として、

宣伝活動をしているようで、一般人の意識の高さも伺えたりします。


そこで今回は、ドイツ台所の事情をご紹介したいと思います。


まず1枚目。

普通のスーパーで買って来た人参です。
大きく「BIO・ビオ」の文字。
そして下部についてるBioマーク。(写真2枚目)


簡単にいうとオーガニック製品という事です。


EU間で基準を作って

それをクリアしているというマークです。

その基準とやらまでは調べきれてないですが、
一応このマークが付いてると安心して買ってます。


値段も普通の野菜よりちょっとだけ、高いだけなので。

(卵とかは2〜3倍するけど。)




このちょっとだけの感覚を説明するのが難しいのですが、
昔の私なら、わざわざオーガニック製品じゃなくてもね…。
オーガニックって…。セレブのする事でしょ。
と思ってたりしてた気がします。
しかしこちらに住み始めてからというもの

周りがあまりにも普通にBio製品を買うので、

それが標準化されてきました。


ちなみに、空前のBioブーム?というかBio製品を買う人が多いために
売る側も、やたらめったらBioの表示をするので、
このマークをもはや信じていない人もちらほら。

ドイツ人あるある。(心配性&懐疑的・・)
スーパーで製品の裏ちーっちゃい文字で書かれてるラベルを

熟読してる人とかも見かけます。



そんな上級オーガニックさん達向けのマークはお次。













「demeter」デメターと呼ぶらしいです。

私も最近知りました。

基準がものすごく厳しいらしいです。完全無農薬。
写真は牛乳ですが・・。

よって買える場所も少ないです。


↓詳しくはこちらで。。

https://ja.wikipedia.org/wiki/……ク農法


先日、近所をぶらぶらしていた所、
このデメター認証の農家さんが金曜日と土曜日の週の2日間、

数時間だけ売っていることを発見。
ちょっとだけ買って、試食してみることに。
なんと!味が濃い野菜!
ハマりそうです。今週も行かなくては!


そしておまけのBioジュース。













これにもBioマーク付いてますね。

こちらも近所に農家があって、新鮮かつ安心で美味しいので、
ワイン代わりにゴクゴク飲んでます。笑。


↓HPも可愛い
http://www.perger.de


コンビニなし。

スーパーは1店舗。夜8時まで。日曜休み。

生魚も週1回のマーケット。

8:00〜13:00にしか買えなかったりと… :cry:


田舎は不便な事も多く、

フツフツとする事も大いにありますが、
農家さんから直接、新鮮なおいしい野菜を売ってもらえたり

一長一短だよなぁ。としみじみと思ったりしてます。



次回は多分ドイツの一大名物。

クリスマスマーケットでもレポートしようと思っています!


秋の遠足(ハード編)

お久しぶりです。
皆さまの投稿を読んでいると本当にヨダレが出る一方なペンキ屋です。

日本食は本当に最高だと思う。

秋の味覚も楽しみですが、ここの所週末は秋の遠足も兼ねて
車で1時間ほどで着くアルプスの登山を始めました。
今回の行き先はAlpspitzeという山です。

前日からルートをネットで検索する夫。
私は以前作って好評だったウインナーおにぎり。
名付けてジャーマンおにぎりを握って備えます。 
(ご飯一杯分+巨大ウインナー半分)

















して翌早朝出発。

水も綺麗だし、紅葉も進んでて美しいなぁ。
などと鑑賞しているのも束の間。
道はどんどん険しくなって行きます。
気がついたら、人がめっちゃ少ないルートを選んでいた模様。

そして、迫り来る崖。。。

登山というか、もはやクライミングレベル。
特にプロフェッショナル的な装備は持ち合わせていない私達。
気がついたら、もう逆戻りは出来ない場所に‥。
(崖って登れても降りれない・・)


久々に全身が目覚めると言いますか、アドレナリンが出まくりです。
下を見ると怖すぎるので、本当に前しか見れませんでした!!

もう心臓バクバクの汗ダラダラです。
やっとこさ危険な崖を登り切った所、
そこにはドイツ人の若者カップルが1組。
涼しい顔して、楽しそうに写真撮影とかしてる…。

なぜ…。タフすぎる…。

私達はもうヒーヒーしながら、
この先もまだ崖が続くのか恐怖に怯えているというのに。。

その後、足は棒状態になりながらも、
一応普通の登山道に戻り、無事予定の場所まで到着出来ました。(約5時間)


↓この写真の道は普通の方です。




















なにはともあれ、無事に帰って来れて良かったです。

そしてここの所、身体を動かす事と無縁の生活をしていたので、

なんとなく身体の細胞が喜んでる感じがしました。
人間も動物ですからね!
たまには、動かしてあげないとだよなぁ。
と思わされた週末でした。
ちなみにジャーマンおにぎりの味はハードすぎてもはや覚えていません。









カレンダー
2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31