ひこうき雲のシネマメモ(^25^)


パニック映画というジャンルがあるのをご存知ですか?

有名どころだと「ジョーズ」や

「ジュラシックパーク」がそれにあたるのですが

その名の通り、サスペンスとはまた違った

ど直球なハラハラが楽しめる映画です。


今回紹介するのは今まで見たパニック映画で

一番好きな「タワーリング・インフェルノ」です。


何が良いって、俳優が激しぶ。かっこいいのです。

ポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンという

主役級俳優が二人・・・こうふん!


この映画を知ったのは、映画好きの両親の影響ですが

面白いから!と妹にゴリ押しされ、夜中の0時頃から見始めたのに

面白すぎて眠気が吹っ飛んだ良い思い出があります。(笑)


内容的に面白いと言い切ってしまうのもどうかと思いますが

先日、ロンドンの高層住宅で大規模な火災がありましたね。

この映画はまさにあの火事を彷彿とさせる映画です・・・。


138階建て超高層ビルの火災の原因は

経費削減の為の配管の手抜き工事でした。

設計者のポール・ニューマンは自分の設計通りに

工事が成されていないことに気づきますが、時既に遅し。

落成式も中止しろと注意をするも、施工主は聞く耳を持たず

事態は恐ろしい方向へと進んでいきます。


一方スティーブ・マックイーンが演じるのは

ベテランの消防士です。

多くを語らず自らの命を懸け、信念を貫く姿勢。

そして水色のキレイなお目目!


消防士達はあらゆる手を使ってビルの人間を救出しますが、

階段は崩壊、杜撰な工事のせいでセメントで固まった扉、

エレベーターも使用は出来ず、兎にも角にも「で、どうなるの!?」

という結末が気になる映画です。


1975年制作と古い映画ではありますが、

火の猛威が人を簡単に飲み込んでいく様。

色々なキャラクターたちの人間ドラマ。

また利益を優先してしまった為に、

関係のない大勢の命を奪い去ってしまったという

なんとも嘆かわしい、教訓めいた素晴らしい作品です。



-『タワーリング・インフェルノ』★★★★☆


原題の邦訳は「そびえ立つ地獄」という意味だそうです・・・

めちゃくちゃ怖いな・・・・


寒くなってきましたので、

みなさまも火の元には充分お気をつけください!


コメント / トラックバック4件

  • 白鳥ダンク:

    最近全然映画を観てなかったのですが、
    ひこさまのブログを観て、久々に
    映画を観たくなりました(^○^)
    ちなみにあれは観ましたよ!
    下から見るか、横から見るかのやつ!笑

  • 吉右衛門:

    リアルスティール。
    強かったですね。

    吉。

  • melonpan:

    でたー!ひこうき雲さんの映画ブログ。
    いつも楽しみにしております。

    映画のジャンルの幅の広さにも、
    いつも驚かされております・・・!

    パニック映画って、
    ファンタジーやSFちっくなものが多いイメージでしたが、
    こちらは社会派というか、とてもリアルですね!
    見終わった後、確実に影響されて、
    自分の家の防火機能が気になってしまいそうです!

  • hikoukigumo:

    ダンクさま

    ああ!花火のやつ!?なのかな?
    ダンクさん、話題邦画はほぼ観ているのでは?!
    私は何か、小さい映画館でやっているやつを
    いつも逃して地団駄踏んでいます・・・。

    吉右衛門さま

    1.ソウルスターリング
    2.サトノアラジン

    で買っていたので、ショックでした。
    強かったですね。

    メロンパンさま

    趣味丸出しになるから
    なるべく多ジャンルを・・・
    と頑張っておりますが、映画って時点で丸出しですよね。

    わあーありがとうございます!
    確かに!!理不尽なところもありますが
    今見てもかなり背筋が凍る映画です!!

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2017年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031