ひこうき雲のシネマメモ(^21^)


リバイバル上映の映画館があるのをご存知ですか?


少し前に上映した映画を安く、

しかも2本立てで見られるのですが

都内にも飯田橋、目黒など複数拠点があるのです。


かねてから見たかった映画が

上映されているのを発見して、いってまいりました。

「リリーのすべて」という映画です。


伝記を元にした話で、

昨年たまたまCMで拝見して、見たい!と

強く思った映画なのですが

上映されている場所が少なくて結局、逃してしまっていました。


それだけインパクトの強い予告編だと感じましたし、

ものの30秒~で内容が分かる(ネタバレといういう意味ではなく)ような

興味をかき立てられるCMでした。


なので、あらすじを言葉でいうより

予告編が魅力的ですがざっくりと紹介すると、

世界で初めて性別適合手術を受けた画家の方のお話です。


妻が夫に肖像画(女性)の代役をつとめたことをきっかけに

夫はだんだん自身の中の内なる女性に気付いていく・・・

というようなハッとする内容です。


お化粧をした主役の男性の美しさといったら、衝撃的でした!

元々柔らかい表情の方なので、完璧な女性という訳ではなく

非常に中性的な美しさがより目立ってました。


映画の色彩もコペンハーゲンの少し曇りがかった水色や

内装のゴテゴテしさがとっても綺麗でした。


なにより、自分のなかの女性であるリリー・エルベに浸食されていくさま、

それに混乱する夫である自分、またその一部始終を一番近くで見ている

妻の心情が苦して、心臓をぐーっと掴まれました。


誰もが誰かを傷つけるつもりではないけれど、

結果、全員が傷ついてるような。


作中、コペンハーゲンの寂しげな風景を画くシーンがあるのですが

最後にその場所が実写で映るのが、印象的でした。



-『リリーのすべて』★★★★★


個人的には支えると決めた妻の姿に共感するというよりも

女性として生きようと決め、

ひとりで立ち向かったリリーの姿が素敵だと感じました。

解放感や安堵が身体中から滲み出ていて、

残酷で綺麗で、とても切ない映画です。




コメント / トラックバック2件

  • 吉右衛門:

    飛行機雲さま

    昨日より新しい期が始まったのですが、
    前期はブログ運営だけでなくコメントもたくさん書いてくれました。
    ありがとうございます。
    引き続き、今期もよろしくお願いします。

    追伸
    コンビニ人間、昨夜読破しました。

    吉。

  • hikoukigumo:

    吉右衛門さま

    コメントお任せください。
    みなさんの記事を読むの好きなので・・・
    今期もお役に立てるよう(と言っても大したことは出来ていませんが)
    頑張ります。

    追伸
    コンビニ人間、私は昨日60ページめあたりです。
    今のところは、割と言葉にしづらい、
    モヤっとした感情があって好きです。

    土日で読破したいと思います。

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930