ひこうき雲のシネマメモ(^18^)



もはや4ヶ月前になりますが、

国民の皆様が駅伝に汗光らせるなか、

ひこは夢中になってある映画を見ておりました。


10数年は放ったらかしにしてきたあの有名映画・・・

昨年末エピソード7が上映されたあの光るかっこいい棒を振り回す映画・・


スター・ウォーズです!

昔々、拝見して、とにかく名前が憶えられなくて・・

自分には縁がないと思ってしまったあの!映画!


実は父母が好きなのです。

新エピソードも公開された事だし、

地上波でここぞとばかりに放映しているのを

録り溜めしてもらい、なんと「二日」で6作見ました。

すごくないですか。(笑)


なぜ二日で見なければいけなかったかというと、

年越し前に見れば良かったのにネコを腹に乗せて昼寝する事、

計数十時間・・・あっという間に休みが残り二日間に。


一言で言います!チョウ面白かったです!

6作の中でいうと、やっぱり4が一番面白かったですかね。

ダストボックスでぺしゃんこになりそうになっているところとか・・。


何より、話の大筋に切っても切れぬ血縁関係が

右往左往しているところがミソですよね。

知らない方は居ないのかもしれませんが、

正義側と悪役側が真っ向勝負している映画。

その対立している悪側のほぼトップに君臨しているのが

主人公たちの父親、なんですよねー。


1〜3で主役をはった青年が、

4〜6では息子、娘の敵となってしまう・・・。

何たる・・・歯がゆい・・・


そして、新作のエピソード7では、

4〜6で主役を演じた青年が行方不明になり、

レイという女の子が主人公となって物語が展開されるのです。

この女性、血縁関係は7を見終わった後も未だ分かりませんが

とにかく、健康的美人で魅力的です。

敵はぶん殴る、宇宙船は強奪する、やったことないけど操縦する、

敵地に運び込まれれば、土壇場で覚醒して、

涙を流しながらも逞しく戦いだす(笑)。かなり好きです。


皮肉なことにこのエピソード7での悪役は

またも血縁のある者なのですよね・・。辛い・・。


1977年の公開から38年もの時が流れましたが

この新作にかつてのメインキャラクター達も出演をしていて

ルーク、レイア姫、ハン・ソロ、のお三方の出演たるや

スター・ウォーズ歴数週間の私でも感無量。凄い事です!


あとロゴが素敵ですよね、スター・ウォーズって。



-『スター・ウォーズ エピソード1〜7』★★★★★


エピソード8は再来年の公開になってしまいました・・。

でもまた映画館に通う楽しみが増えたので、嬉しいです。


ヒロイン、レイの生い立ちも気になります・・・

彼女は砂漠の街で、ひとり廃品回収でお金を稼いで

ほぼその日暮らしで、家族をずっと待ち続けているのです。


ナウシカみたいにかっこいい女の子です!

幸せになってくれることを祈ります!


そんな事言っていたら、DVDも発売されましたね!

ご覧になったことのない方はぜひ〜!




コメント / トラックバック2件

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2016年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031