「きっと待ってたんですよッ!」の巻。中編。

房総半島の中程の位置する、木更津。

ここに評判の回転寿司屋があるというので、

千葉の自宅からやってきた。

寿司屋の話は後日に譲るとして、

この店があるのは大型ショッピングモール。

ここにわたしが利用する洋服屋も出店をしている。

昨日帽子を紛失したわたしは、一縷の望みを抱いて寄ってみた。

店長に帽子を紛失して困っている旨を話すと、

今、店に並んでいる商品は、2013の型落ち物とのこと。

確かにあの帽子を買ったのは二、三年前ではあるが、

わたしの人生。こういった場合の期待はことごとく裏切られる。

それでも、あれば嬉しい。

ちょっとしたドキドキ感をもって案内してもらうと、オッと。

陳列棚に、ちょこんと並んでいるではないか。

よかった、よかった、とは思いながらも、

これを買うと、あの帽子への裏切りになるのではないか。

それに怠惰なわたしのこと。捜査意欲をなくす危惧もある。

しかし、万が一、出てこない可能性も否定はできない。

そうなると残されたチョッキに寂しい思いをさせることになる。

そこで店長に事情を話し取り置きをしてもらった上で、

昨日割り出した、訪問先に問い合わせてみた。


問い合わせた結果は、無惨であった。

ここしかない、と、

決め込んでいた訪問先に帽子の届け物はなかった。

ため息をつく、わたし。

捜査は闇に包まれた。


代替品を見つけた安堵感と目星を付けた訪問先になかった喪失感。

複雑な思いが交錯するなか、

とにもかくにも、代替品を確保して店を後にした。


続く。


2016年04月02日。


吉右衛門。


コメント / トラックバック6件

  • chibasanako:

    このタイミングで代替品があるとは!
    購入するか迷いますね〜。

  • 白鳥ダンク:

    同じものを買うくらい、大事な帽子なのですね…。
    私は同じものを買うのが何だか悔しくて、
    どんなに気に入っていても、違う物を買ってしまいます。

  • ニコタマゴロウ:

    チョッキを思うとは、
    吉右衛門さまらしさが伺えますね。

  • kichiemon:

    千葉さな子さま

    すいぶんと悩みました。
    長考一番です。
    明日から、富士に行きます。
    神泉のこと。
    よろしくお願いします。

    吉爺拝。

  • kichiemon:

    白鳥ダンクさま

    また、餃子を食べに行きましょう。
    ソフトクリームもね。

    吉爺拝。

  • kichiemon:

    二コタマゴロウさま

    ありがとうございます。
    そうなんです。
    服も家族になってしまうのですよ。
    しかし、それも考えもので、部屋が服で溢れています。

    吉爺拝。

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930