2016年3月18日 のアーカイブ

ひこうき雲のシネマメモ(^17^)


黒い塊のお礼にと、吉右衛門様から

とある一枚のDVDを頂戴した私・・・。


記念すべき初めての黒澤映画を拝見致しました!

207分の長編です・・・すごい・・・重みが・・・

恐る恐る我がPS3に

(コントローラーがいかれました。

勝手に早送りをするせっかちさんになりました;;)


ディスクを入れて、浮かび上がる『七人の侍』の文字。


恥ずかしながらモノクロ映画を

キチンと見るのはほとんど初めてです。

先ず思った事は、何を言っているのか全然、分からない!(笑)

黒澤映画は聞き取りにくい事で有名みたいですね。

なんと邦画なのに字幕が付いていました(笑)

ただし私がそれに気付いたのは・・・

後半のDVDになってから!(;▽;)がびーん。


しかし、字幕を付けずとの自ずと耳に馴染んでくる映画。

何故なら身構えていたよりも、とっても分かる内容だったのです。

へへへ、きっとご存知の方の方が多いですよね。


ある村で野武士の襲来を耳にした百姓が、

自分たちの村を守る為に七人の侍を雇う、というお話です。

ひこが感じたのは、仮にも戦の話であるというのに

何故か明るいんですよね。皆さん笑っているのです。素敵。


かの有名俳優、三船敏郎の役は!?といえば、

なんとも素っ頓狂な暴れ馬というか・・・

ちょっとビックリしました。

吉右衛門さまにお聞きしましたが、

後にも先にもこういう役はこれっきりだったそうですね。


七人の中にこういう役柄がいる事ってなんだか必須というか、

味があるというか、とにかく愛され役のように感じました。

百姓たちも心無しか、笑顔が増えていったような。


他にも魅力的な個性が目立つ方ばかりですが、

中でもリーダー格を努めた勘兵衛と腕の立つ

無口な剣客の久蔵は格好いいです・・・


最終的に、七人中四人の武士が戦死してしまうのですが・・

その四人の墓を背にした有名な台詞が、


「勝ったのはあの百姓たちだ。儂達ではない」


ですね。


あまちゃんなひこには、その意味がよく分かりませんでしたが

色々な考察や感想を見ていて、心に残ったのは、

幾難を乗り越えようと必死に立ち向かったのは百姓達で

自分達は、共に戦った四人の死を背負って生きる、言わば百姓達と逆の道を歩むのだという暗示。

そう言われると、百姓達に見える辛くとも明るい行く先と、

武士に残る虚無感や、物哀しさが何とも心苦しい最後に感じられました。



-『七人の侍』★★★★★


切ない。

これに触発され洋画版にリメイクされたという荒野の七人も

興奮冷めやらぬうちに見たいなと思います!

ユル・ブリンナー!口角のあがるスティーブマックイーン!(^▽^)


若者のみなさまも、渋い殿方、奥方さまも

機会があったら是非、一度はご視聴頂いて損はない作品だと思います。


ではでは、さらばです。



カレンダー
2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031