「名古屋で三遊亭画伯と会った」の巻、後篇。


2013年10月08日(火)。


起床9時半。

ベットから起き上がった。

よくは眠れなかった。

枕が替わったせいとも思えないが、小説を片手に眠れぬ夜を過ごした。

そんなことが祟ってこのような時間になってしまった。

帰路の運転を思うと、少しでも身体を休ませたい。

再びベットに戻り天井を見上げていると、

姫と清洲城へ来た時の事を思いだした。

営業の種蒔きであった。

あらから三年が経った。

それが結実して来春、大きな物件が受注出来そうな気配だ。

そう言えば、清洲城の後、徳川美術館へ行ったのだが、

姫に案内されてひつまぶしを食べたのを思いだした。

鰻でも食って帰るか…。


(あつた蓬莱軒)にやってきた。

11時の開店に合わせて来るつもりが出遅れてしまった。

15分しか遅れていないのに、待合いには20人以上が列をなしている。

時間潰しに姫へ蓬莱軒に居る事をメールで報せると、

いいなあ…。

こんな返事が戻ってきた。

よく考えてみたら今、彼女は繁忙期たけなわだ。

不謹慎なことをしたと後悔が浮かんだ。

しかし、このメールが今日の予定に大きな変化をもたらせた。

三遊亭画伯からもメールがきていた事に気づいたのだ。

内容は昨日の礼で、どこまでも律儀な画伯であった。

そして気づいたのだが、文末には住所が記してあった。

彼女は今、屋外で働いている。

仕事中だから声を掛けるのは憚られるが、額に汗をしている姿を遠くから覗いてみたくなった。


13時。

姫への罪滅ぼしに彼女の分もと大盛りで食ったのが失敗であった。

鰻で腹が膨れてしまった。

それでも、ナビゲーションをセットして画伯の根拠地に向け出発。

濃尾平野といえば、肥沃な穀倉地帯が頭に浮かぶ。

そんな田園風景を思い描いたが、立体の国道からはハンドルにしがみつくのが精一杯で、景色を拝む余裕などはなかった。

小一時間も走っただろうか。彼女の居住区域に着いた。

しかし、何処が何処だか分からなかった。

ふらふらしているのを彼女に見つかりでもしたら、また気を遣わせてしまう。

せっかく来たけど、退散しよう…。

僅か数分の滞在での、とんぼ帰りと成った。

その帰路の事。

この空の下で汗を流す、画伯を想った。

13年前の春。

日本橋小伝馬町の片隅に小さな会社を興した。

それが縁と成って、彼女と知り合う事が出来た。

そして彼女を訪ね、この見知らぬ土地に来れた。

人生の縁とは不思議だと思った。


吉爺。














この写真は帰路の新東名道の浜松SAから撮ったものです。

近代的な道路ですね。


コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031