2016年10月16日 のアーカイブ

怪獣捕獲日誌、参。


16年10月6日(木)。


沖合いに何処かの船籍の船が停泊をしている。

あれは、どこの船であろうか。

それをぼんやりと眺めながら、蜥蜴の大親分の出現を待つ。


わたしは今、昨日、蜥蜴の大親分を捕まえ損なった海辺の公園にいる。

修理に出していたクルマを引き取っての帰りであった。

このクルマを昨日引き取っていたら、と思わなくもないが、

こればかりは巡り合わせだから仕方がない。


海辺の風景を写真に撮ったりして時を過ごすが、

果たして、蜥蜴の大親分は現れるだろうか。

かれこれ一時間以上も待ったが、その気配すらない。

それに昨日を同じ時場所で待ったところで現れるとは限らないし、

周囲を見渡しても、同業者らしき者はひとりもいない。


暦は十月。

秋も本番になると、陽が昏れるのも早い。

水平線が黄昏てくると、俄かに肌寒くなったきた。

時計を見ると、十七時半を過ぎたところ。

わたしの就寝時間は早い。二十時頃には床に入る。

そろそろ引き揚げるとするか…。

浜辺をあとに、とぼとぼと駐車場へ戻る。


クルマを発進させ公園を出た所で、或る考えが脳裏に浮かんだ。

そうだ、隣の湾町もパトロールしてみよう。

浜辺の公園から湾町までは五キロの距離。

居並ぶ工業団地を抜けた所が、港町だ。


十分くらいも、走ったであろうか。

港町へ出ると、その一角に幾重にも車が駐車している所があった。

そのクルマからは、スマートフォンを片手にした連中が飛び出してくる。

そして路地の方へ吸い込まれるように入ってゆく。

これは?。

何かが出たに違いない!。

わずかな隙間にクルマを停めると、わたしもクルマから飛び出した。

そしてホクホク顏で路地から戻ってきた青年に、

何が出たかを訊いて見ると、鳥恐竜が出たという。

えっ!、鳥恐竜。

とんでもない獲物が現れた。

図鑑を完成させるに最大の難関と思われた、鳥恐竜だ。

こうしてはいられない。

人をかき分けかき分け最前列までゆき画面をひらくと、鳥恐竜がいる。

初めて見る姿に、ゴクリっと生唾を飲む、わたし。

待ちに待った、鳥恐竜との対面の瞬間であった。

玉を替えた。

とっておきの、黒と黄の斑らの玉に替えた。

これに逃げられると今度は何時、出逢えるかわからない。

一投目を投げた。外れた。相手に届かず手前に落ちた。

次も外れた。右に大きく逸れた。

三投目は的中したが、浅かった。あっさりと抜け出された。

そして、コツを掴んだ四投目。

斑らの玉が鳥恐竜の顔面をとらえた。

great

鳥恐竜が玉に仕舞い込まれる。

そして数回転、鳥恐竜が飛び出すことなく捕まえることができた。

やった!。

鳥恐竜を仕留めたぞっ!。

拳を握り、天に向かって突き上げる。


最大の難関を突破できた。

満面に笑みを浮かべる、わたし。

千葉の港を後にする。


続く。


2016年10月13日。


未校正のままでの更新です。

誤字脱字等がございましても、

寛大に対処くださいますよう、よろしくお願いします。


吉右衛門。

カレンダー
2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031