ひこうき雲のシネマメモ(^13^)


こんばんは。
ひこうき雲です。


本日、ひさしぶりに
大きく心揺さぶられた台詞が
耳に飛び込んできました。


ひこはがんばって?、
大河を録画で追いかけているのですが
高杉晋作が騎兵隊を作り、
京へ行くといって聞かない久坂玄瑞に
亡き恩師である吉田寅次郎の言葉を投げ掛けるシーンにて。


死して不朽の見込みあらば
いつでも死すべし、
生きて大業の見込みあらば
いつでも生くべし。


カーーーー―ッ。

巻き戻してもう一回
見ちゃいましたからね!


さてー!(笑)
今回は何にしようか
とっても迷ったのですが
一番、好きな映画だと思うものを
メモに取り上げたいと思います!


有名な小説家スティーブン・キング
原作の「グリーンマイル」。


王道中の王道だな!!
って思われるでしょうか?!


スティーブン・キングの監獄作としては
「ショーシャンクの空に」もかなり同レベルで有名なのではないでしょうか。


どちら派といわれると
私は迷いなく、グリーンマイル…。


あらすじはトムハンクスら演じる監守と
そこに収容された死刑囚達の話です。


感動作とうたわれていますが
監守と囚人の哀しい物語…
とだけ括らないでほしいと思ってしまう!(笑)


確かに王道ではあるのですが、

このお話の始まりかたと終わりは
かなり奇妙な雰囲気で作られているんです。

その意味深な終わりかたを嫌う人は
結構多くいらっしゃるようで、
ただ私はあの終わりかたが最高に好きなんです…。


確かに、無実で捕らえられてしまった囚人を
電気椅子で処刑せざるをえないという
ストーリーはかなりショッキングです。


なんとか彼を死刑から避けたい
監守達は脱獄すら勧めるのですが
彼はそれを拒否します。


その囚人には不思議な能力があり
この世のなかに役立つ力ではあるものの
そのせいで悪いものばかりを見てきた、
繰り返し繰り返し世界中で起きる悪事に
疲れてしまったと伝えます。


監守は囚人に対し、
あなたのような人を死刑台に送ってしまうことを
きっと私は神様から咎められる。
そうしたらどう答えれば良い?と苦し紛れに訴えます。


彼はそこで優しく、
親切なことをしましたと言えばいい。と答えます。


私はこのシーンが
とってもお気に入りです。


なんてよい答えなんだろうと思いました。


グリーンマイルとは、この映画で
死刑場までの緑色に塗られた
最後の道のことを意味します。


主役であるトムハンクスは最後に
神様に向かって、
私にはこのグリーンマイルが
長すぎるような気がしてならないのです
と、呟くのです…。


おそろしい…。


ちなみにこれ、三時間あります。(笑)
テンポもわりかし良く、
とても良い演技の悪役?もいるので
是非ともお勧めします。



-『グリーンマイル』★★★★★


妹には、ショーシャンクの方が

良い終わりかたするじゃん…。とよく言われます。(笑)

コメント / トラックバック4件

  • 吉右衛門:

    飛行機雲さま

    いつも熱心にありがとう。
    感謝感謝です。

    吉。

  • hikoukigumo:

    吉右衛門様

    ひゃーありがとうございます。
    いつも長くなってしまってすみません・・。

    新、編集長に期待ですね☆

  • かぐや姫:

    先週、タイムリー?に友人から
    「『ショーシャンクの空に』って知ってる?」
    と聞かれ
    「な‥名前は聞いたことある‥けど‥」
    と、もごもご答えた私です。

    この記事を読んで、2作とも
    とっっっても観てみたくなりました!!!

  • hikoukigumo:

    かぐや姫さま

    あらまあ!なんとタイムリーだね。
    お友達は好きなのでしょうか!!
    でもすごく暗いし、長いから・・・
    金曜日の夜とかにした方が良いです(笑)。

コメントをどうぞ

 (初回投稿時のみ確認後の公開となります。ご了承ください。)
カレンダー
2015年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930