‘かぐや姫’ カテゴリーのアーカイブ

2回目は秋らめた



お久しぶりです。かぐやです。

あまりに私的なことになるのとあまりに長くなりそうなので
宣言していた引越の記事はやめました。
もしこれから引越をされる方、興味があったら聞いてください。
某E社への賞賛、某P社への批判たっぷりにお話し致します。



季節は秋。

書きたかった記事を書きます。


秋。
かぐやは生まれて初めて、栗ご飯を食べました。

こういうと語弊がありそうですね。
ほんとはこうです。



生まれて初めて栗ご飯を作って食べました!!



しかも!
栗を茹でて剥くところからです。
中●産のシロップ漬けの剥き栗を買ってぶち込んだんじゃないのですよ〜















こういう皮付きの栗を茹でて殻と渋皮を剥いて。


有楽町駅の地下で何故か催されていたおじさんの八百屋で
通常スーパーなどで見ると800円以上する国産の栗(1袋)が
なんと300円だったのです!


芋栗南京なわたしは

スーパーで国産の栗を見るたびに憧れを募らせておりました。


しかし、お高い。
諦めていました。


するとどうでしょう。


こんな都会の地下で何故か催されていた八百屋でこのお値段。



栗剥き機も持っていないしどう調理するかもわからない
生まれて此の方「●栗むいちゃいました」くらいしか食したことのないわたしが
なんと生の栗を買ってしまいました。

渋皮煮、甘露煮、マロンケーキ‥
いろいろ迷いましたがやはり素材そのまま、栗ご飯を作ることに。

ふむふむ。まず軽く茹でて、殻を剥き、そして渋皮も剥く‥と。



いやー‥

この作業が大変なこと、大変なこと。
大変ったらない!!!




渋皮がしぶとい。(しぶかわだけに‥)
なんとか剥いてやろうと力むと身が砕ける。



ヒーヒー言いながら剥くこと2時間弱



指が瀕死。

(この時点でもう二度と生の栗を買わないことを誓う。)



酒やみりんを入れたお米に
死ぬ思いで剥いた栗をどっさりと入れ
スイッチをポチ!




もうこの時点で疲労困憊もう眠りたい‥

しかしお腹も空いている‥

我慢だ‥我慢だ‥

ぐったりしながら待つこと数十分‥





《ピーーーーーー!》




炊けた!!!!


あれだけの思いをして剥いた栗たち。
わたしのかわいい栗たち。

初めまして!わたしのかわいい手作り栗ご飯ちゃん!!!




《ぱかっ》


















おおお‥
なんか色が想像していたのと違うけど‥(!?)

いい香りだしこれはこれで良い!!!!


この栗ご飯ちゃんのために用意したごま塩をふって、いざ‥



















おいしい‥


手作りって‥

おいしい‥

秋の味覚ぅうううう!!!!



一人暮らしをしてから家庭の味(手作り料理)のありがたみを
本当にこころの底から感じています。




炊き込む時間を入れたら3時間強

栗ご飯、大変でした。

でもこんなに美味しいならまた作ろうかな‥








































‥とはならない!!!もう無理!!!指が痛い!!!!




美味しいものには、棘がある。違うか。

でも、本当に美味しかったです。
季節感のあることを全くしないわたしですが、
この秋に秋らしいことができたので嬉しかったです。



あと3年後くらいに、また作ろうかな。


こんな感じで、秋、感じてます!

皆さんの秋はなんですか〜?


「土手の伊勢屋」の領収書


寒さが和らぎを見せたある快晴の日。


ギロリとにらみつけてくるような夏の太陽とは違い

ニヒルな顔でこちらを窺ってくるような太陽の視線を感じながら


わたしは「土手の伊勢屋」におりました。



















この重厚な佇まい。



「油がしみ込んでいるんだ」


そう吉右衛門様から教えて頂き、隣の壁をそっと撫でると、

確かに木造の建物はじっとりと油で重みを帯びている。



(なんだかひとの念まで吸い込んでいそうだなぁ)
























外観をみるだけで

そこに歴史があることがわかるような佇まいなもんだから、


(此処にはたくさんのひとが来ては去り来ては去り、

色々な感情があって、

でも食べている一瞬はそのことを忘れて味覚に集中していて‥)


なんてついつい想像が広がってしまう。


席に通されこれまたじっとりした椅子に座り

出入り口を見れば、これまた素晴らしい。


客でもないのに容赦なく入ってくる日差しがとても綺麗だった。



















(夏が来る‥!)


わくわくしながら待っている間にあたりを見回すと、

なんだか風情があって素敵。









































おや。

〈登録有形文化財〉

に登録されているらしい!納得。




さてさて焦らしてきましたが、

気になる《御食事》はというと‥





















どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!




この効果音がピッタリですよね!丼!



















最初はこんな風に焦らして運ばれてくるのですよ。

蓋で隠すように!隠れていないのに!

はみ出てる!はみ出てますよ!!


そしてどーーーん。



























見てください。このマウンテン。

天婦羅マウンテン。


ええ、山盛りとは、このこと。



ダンクさまのように食レポが上手じゃないので

アレですが、

さく、じゅわ、ウマーーーー!!

でした。

見た目のインパクト負けしない、お味も素晴らしかったです。



山盛りマウン天丼(勝手に命名)

眼も、舌も胃も、とっっっても満足させていただきました!


吉右衛門様、ありがとうございました。

ご馳走様でした。








「天丼は食べたその日から一ヶ月はもう食べたくなくなる」


そうですね。

なんたって油物。重いと言えば重いし。

お腹ははち切れそうでした。


でもきっとわたしは

こんな日のような日差しを感じるたびに、

この「土手の伊勢屋」を思い出すでしょう。


そしてこの天丼を食べたいと涎を垂らすでしょう。


またすぐ食べたい訳じゃないけれど、

忘れない店、忘れない味。


そんな素敵なお店でございました。

























重ねて、ご馳走様でした。


(掲載許可は頂いております。)




「がちゃ○○」


3度目お目にかかります、かぐやです。


やめたいのにやめられない。

お酒?タバコ?食後のスイーツ?


いいえ、わたしは【ガチャぽん】です。



社会人になってから
水族館に行くたびに記念としてガチャ。
最近はそこいらで「鳥」とみればガチャ。
と、《ガチャって》おります。


社会人になってからなのでそんなに数はありません。
お店にあるガチャなんてすーぐ商品が移り変わってしまうので、
なかなかコンプリートできません。
(コンプリを決めると破産しそうなので一台につき一回、と一応決めています。
でももっとやっときゃよかった、といつも後悔します。)



ここで見せるまでもないコレクション紹介。


《水族館でゲットしたものたち》


意外と凝ってるんですよ!



どーーん!




(わかりづらいですがシャチの上にトレーナーさんが乗っています。)


《鳥さんたち》

フクロウ(右)とコキンメちゃん(左)。

うしろには文鳥やインコたちが‥。



ガチャではないですが
鳥好きのオアシス掛川花鳥園に行った際に手に入れた
コロコロぬいぐるみたちもいます。
(なぜかコアラも。)


これらを飾る木とかを集めるのがこれまた楽しい。



以上、どうでもよいコレクション達でした。


来年2015年も

水族館に行って、「鳥」という文字を見つけて、たくさん集めてしまうでしょう。

おっとこりゃやめたいと思ってませんね。


2014年、わたしを癒してくれた魚や動物達にありったけの感謝を。


ちなみに皆様は「がちゃぽん」「がちゃがちゃ」「がしゃぽん」

どう呼んでおりましたか?


それでは。お読み頂き、ありがとうございました。

皆様、今年の残り少しと、来年もどうぞよろしくお願い致します。

「ゴッホウ ゴロッケ ゴゥホウ」


先週のお休みに、浅草にある某「鳥カフェ」に行ってきました。
なぜだかむしょーーーーーーにフクロウに会いたくなったのです。
あのふわっふわに触りたくなったのです。
もうしんぼうたまらんかったのですね。


「鳥カフェ」と言っても色々なお店があります。


わたしが最初に行ったお店のメインは【カフェ】。
ゲージに入ったフクロウやインコなどを見て愛でながら飲食ができます。
カフェメニューを頼んだ(注文必須)後、
希望者には「ふれあいタイム」(別途料金500円)が可能です。
腕に乗せそっと撫でたり一緒に写真を撮ったり。
(※けっこう規制があります。)


ここでわたしはあるフクロウに恋に落ちるのですが、
それはまた今度書きたいと思っています。うふ。


今回のお店のメインは【ふれあい】。
入店時にお店の方から注意事項の説明を受けた後、
1h 1500円で鳥さん達と割と自由にふれあうことができます。
テーブルや椅子も少しありますが座って飲食をしてゆくっりする‥
よりも、撫でたり写真を撮ったりするお客さんが多い印象でした。


わたしは後者の方が満足感がありました。
もちろんそれはお店の方、バードスタッフ、お客さんとの信頼関係になると思うのですが、
10分もたたず終了、「はい、追加で○円です¥」と言われるとなんとも切ないというか‥
わたし達(お客)を信頼して、「自由に触れ合ってください」と言われて、
見たりそっと撫でたり写真を撮ったりと存分に鳥たちを愛でられる方がs
わたしは嬉しかったです。

※自由といえどもちろんそこにはマナーがあります。好き勝手撫でくりまわしたり肩や手に乗せてはいけません。
前者の方が鳥たちに負担をかけないようにしている‥と言われてしまえばあれなんですがね‥。


まぁわたしなんかはあんまり触れなかったりするのですが。
命に触れるってなんかコワいんです。
咬まれるかもーとかではなく、
「この尊い命に私なんぞが触れてよいのであろうか‥?!」
っていうコワさです。
赤ちゃんとかもコワいです。

さて、お待ちかねのかわいいフクロウさん達です。


見よ、この楽園を。














見よ。このもふもふを。













見よ。このかわいすぎる並列を。














見よ。このアイドル顔負けのウインクを!













はぁあああかわいい。かわいい。かわいい。
もっふもふのからだ。
大きなお目目。
鋭い爪や嘴。

かわいくないところがない。


ちなみにこちらのお店はフクロウの他に鷹やインコやオオハシなどが別室におります。
特にインコは大量で、人懐っこくて大変可愛いです。
わたしの憧れ「モモイロインコ」もおりました‥。


ふと気がつけば話が長いのでこの辺で。。



最後にわたしが最強にかわいいと思うフクロウショット。














里芋みたいでほんとうにかわいい。宇宙一かわいい。



ちなみにタイトルはフクロウの鳴き声らしいです。(ウィキペディアより)

それでは。お読み頂きありがとゥホウ。

カレンダー
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930